FC2ブログ

玄箱のパーティションを4KiBセクタに合わせる-Gpartedを使用

従来のハードディスクでは物理セクターが512Bでしたが、最近では4KiBのものが増えています。玄箱HGでは論理セクターを512Bとして扱いますが、パーティションの境界が4KiBの物理セクターに合っていないためパフォーマンスが低下します。そこで一旦セットアップした玄箱からハードディスクを外して他のPCに接続し、パーティション操作ソフトのGPartedを使ってパーティションの境界を変更しました。

方法

通常通り玄箱HGのセットアップを行い、中からハードディスクを取り出します。パーティション操作ソフトの使える別のPCに取り付けて起動し、パーティション操作ソフトを立ち上げます。今回の場合はubuntuをインストールしたPCに取り付けてGPartedを使いました。

GPartedではデータを保持したまま、玄箱HGの中で使われているext3フォーマットのパーティションの移動・リサイズができます。移動・リサイズする時のパーティションの境界のそろえ方を「MiB単位にそろえる」とすれば、自動的に4KiB単位にそろいます。(1MiB=4KiB×28です。)

パーティション操作を始める前に元のパーティションの情報を見ると、パーティションの開始セクターと終了セクターを見れます。「/」パーティションは63番目の論理セクターから始まっていて、8で割り切れる4KiBの物理セクターには揃ってないのがわかります。(4KiB=512B×8で、論理セクター8個で物理セクター1個になります。またセクター数は0番目から始まります。) 終了セクターは8の倍数引く1になっていればいいですが、こちらも揃ってはいないと思います。今回私がセットアップした2TiBのハードディスクでは、他の2つのパーティションも4KiBセクターには揃っていませんでした。(1000は8の倍数なので下3桁だけ見ればOK。)

実際の手順と結果

今回は後ろのパーティションから順に移動+リサイズを行いましたが、前から順にしても大丈夫でしょう。また今回は玄箱HGのハードディスク交換と同時に行ったため、共有フォルダの入っている「/mnt」パーティションは別のハードディスクからGPartedでコピーするかたちにしました。(別のハードディスクからのデータの移行は過去記事の「玄箱のHDD交換でのデーター移行-パーティション操作ソフトを使う場合」を参照。)

実際にやった作業は

  1. データの入っていない空の共有フォルダが入っている「/mnt」パーティションを削除。
  2. SWAPパーティションを後ろに移動+256MiBに拡大(4KiBセクターに合わせた)。
  3. 「/」パーティションを後ろに移動+数MiB拡大(4KiBセクターに合わせた)。パーティションの前の空きを2MiBに設定したため4096番目の論理セクタから始まる。
  4. 玄箱の起動テストのため、SWAPパーティションの後ろに2GiBのパーティションを作成してext3でフォーマット。
  5. ハードディスクを玄箱に取り付けて電源を入れる。
  6. 赤のdiagランプが3回点滅を繰り返すが起動した。
  7. ウェブブラウザから管理画面にアクセスすると通常の管理画面とは違う文言が表示され、「システム異常」か何かの表示が出て、対処するための方法が3段階(だったと思う)で表示される。説明とその下にその処理を実行するためのボタン、という組み合わせで、確か3項目だったと思う。一番下は「/mnt」パーティションのフォーマットになっていたはず。
  8. パーティションの開始位置が63番目の論理セクターでなくても起動するのを確認したので、電源を落としてハードディスクを取り出した。
  9. 再びPCに接続してGPartedを使用し、テスト用に作成した2GiBのパーティションを削除した。
  10. 移行前のハードディスクの「/mnt」パーティションを、今回のハードディスクにコピー(+リサイズ)した。(勿論4KiBセクターに合っている。)
  11. 今回の移行後のハードディスクを玄箱に取り付けて電源を入れた。
  12. 無事起動して、ブラウザからの管理画面も通常通り表示された。
  13. この方法で新しいハードディスクにデータを移行すると共有フォルダの設定はリセットされるので、ブラウザからの管理画面でゴミ箱機能やアクセス制御の設定を行う。(「/mnt」パーティションにフォルダがあれば自動的に共有フォルダと認識されるようだが、設定はリセットされる。またゴミ箱機能の修正パッチの適用を忘れずに。)

共有フォルダが空の場合の時間短縮法

サイズの大きなパーティションの移動やリサイズには時間がかかるので、セットアップ直後でまだ共有フォルダにデータを入れていない場合は、「/mnt」パーティションを一旦削除してから移動・リサイズして、後から「/mnt」パーティションを作成しなおすのがいいかもしれないですが、試してはいません。この場合は「/mnt」パーティションが空になるので、多分上で書いたようにdiagランプが3回点滅の状態になると思います。対処方としては、telnetでログインして「/mnt」パーティションに何かフォルダを作ればいいと思います。それで対処できなければ、ブラウザからの管理画面で、表示されるとおりに対処することになるでしょう。(万一それでどうにもならなくても、まだデータは入っていないので最初からやり直しはできるはずです。)

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:周辺機器 - ジャンル:コンピュータ

NEC VA80JBHノートのセットアップ

一つ前の記事でWindowsをインストールしようとしたら失敗したと書いていましたが、できました。内装光学ドライブをUSB2.0に変換する装置がDVD±R/RWに対応していなかった可能性があって、CD-R/RWでは問題なくWindowsXPをインストールできました。

今回かったPCはOSなしでしたが、WindowsXP Professionalをインストールして使っています。NECのサポートページではアップデートしたドライバしか公開されていないようで、一部のドライバはチップのメーカーのサイトから持ってきたりしました。OS標準のドライバ以外は以下の場所からダウンロードしてインストールしました。

これらのドライバを入れない状態では、デバイスマネージャーで不明なグラフィックアダプタと不明な通信装置(だったかな?)が現れます。内装FAXモデムドライバを入れると不明な通信装置が消えます。サウンドドライバはサウスブリッジのドライバで、インストールするとスタンバイ等の電源管理ができるようになります。

それから、mobile Pentium IIIなのでIntel SpeedStep テクノロジというCPUの電圧や周波数を下げる省電力機能がありますが、確か電源のオプションで「最小の電源管理」にしないと使えないはずなので「最小の電源管理」を選択しています。(最近まで「最小限の電源管理」なんだろうなあと勘違いしていましたが、もっとも電力を使わないでいい電源管理のようです。)

とまあこんなかんじでセットアップが完了しました。あとはメモリの容量がXPで必要とされる最低限の128MBしかなく動作が遅いので、少なくともあと128MBは増設しないといけません。理想は640MBですが、お金がないので384MBくらいにしておきましょうか。まあそうは言ってもお金がないので増設分を買うのは何ヶ月後になるかはわかりませんけども。

バッテリーの状態は特に悪くはなく、Intel SpeedStep テクノロジを使わなくても1時間以上持ちました。入学したすぐ後に親が買ってくれたFujitsuのNB16Cが3時間持つはずが1時間足らずでバッテリー切れになっていたものだから、なんてすばらしいのだろうかと感激してました。こんどはIntel SpeedStepテクノロジー利用でどれくらい持つか調べてみましょう。2時間行くといいんですが、どうなるでしょうか。

関連記事

テーマ:中古パソコン - ジャンル:コンピュータ

中古ノートパソコン買いました

博多駅前にあるパシフィックネットというお店で、10台限定で17800円で売ってたったOS無し傷物1週間保証というやつを買いました。機種はNECのVA80J/BHで、付属品はACアダプターだけ。傷・汚れありで画面に黒い染みもある。バッテリーはある程度は消耗しているようだがまあ問題なく使える程度。性能はMobile PentiumⅢ 800に128MBのメモリ(増設無し)といったところ。

とりあえずUSBの光学ドライブでOSをインストールしてみたら、Fedora Coreは4も5も途中で止まる。試しにWindows XPを入れようとしたがほとんど最初から止まってします。Turbolinux 10 Desktopを入れてみたら問題なくインストールできました。他のやつからアンインストールしてあまっていたのでちょうどよかったです。

重量も大きさも持ち運びはあまり苦にならないので持ち運びようにする予定。今あるノートがA4より少し大きい重いやつと、バッテリーとキーボードが死んでるB5のしかないのでちょうどいい感じです。

さて、「カテゴリーにひとりごと(日記)」というのを作って日記のようなひとりごとを書くつもりでしたが、この内容だったら「PC・mobile」にしないといけないような感じです。まあいいかあ。

関連記事

テーマ:中古パソコン - ジャンル:コンピュータ

パソコンの整備とか

メインのATXのパソコンを1台だけ使っていた状態でしたが、他のパソコンを整備をして使える環境にしていっている途中です。ハード面ではほぼ整備が終わっていて、あとはOSを入れたりするだけの状態です。昨日と一昨日ずっとパソコンをいじっていたわけですが、とりあえず今部屋にあるパソコンはこんなかんじです。

  • Pentium M 1.73GHz Windows XP Professional TVチューナー付き メインのパソコン
  • Celeron 1.1A FedoraCore5(搭載予定) メインのLinuxマシンにする予定(クライアント)
  • EdenESP6000 (666GHz) Linux(ディストリ未定) 常時起動のクライアント用
  • Pentium III 800 FedoraCore(搭載予定) サーバー将来的には自宅サーバーとして公開してみたい。
  • Celeron 1.6 Windows XP Home ノート 持ち運び用
  • Celeron 533 Linux(ディストリ未定) クライアント用 サークルに寄付するか競売にかけるかするかも

とまあ、このように部屋にパソコンが6台もあるわけです。何考えてたらこんなに増えるんだか。

マザーボードが壊れているとおもっていたが、壊れてなかった

さて、ほこりだけらけのマザーボードをティッシュで拭き掃除して動かなくなってしまってからもう何カ月か経ちますが、本当に壊れているのかをもう一度調べていたら、動きました。渇いたティッシュで擦ったせいで静電気でぶっ壊れてしまったかと思っていましたが、壊れたメモリを搭載したりジャンパピンの設定を間違えたりしていたからうまくいかなかったようでした。

このマザーにはCeleron 1.1A(Socket370 PentiumIIIタイプの最新のコア搭載)を搭載していましたが、このCPUを使えるマザーボードを他にもっておらず、しかもこのCPUが持っているものの中で2番ん目に速いものだったので有効利用したかったのです。そいういうわけで中古パーツショップでSocket370のマザーを探したのですが、今どきそんなマザーなんてほとんどなく、やっとじゃんぱらで見つけましたが値段が結構高く、どうするか迷ってしまいました。結構高かったので、もしあのマザーが壊れてなくて使えるのならばと思ってもう一度チェックしたのです。

そしたら動きました。マニュアルを見ながら全部外してあったジャンパピンをもう一度設定しなおして、起動させてみましたら「ピーピーピー」ってなり始めました。そういえばこのメモリは壊れていたんだっけ、と別のメモリを付けて動かしたら普通にBIOSが起動しました。動作確認ってしっかりやっておかないとだめですね。危うくもう一枚買うところでした。

全文を表示 »

関連記事

テーマ:自作・改造 - ジャンル:コンピュータ

CPU切換器(パソコン切換器)がおかしくなった

4台のパソコンで画面・マウス・キーボード・スピーカー・マイクを共有できるCPU切り替え気を使ってるのだが、それがおかしくなってしまった。

帰ってきたらPCがおかしくなってた

パソコンをつけたまま家を出て、帰ってきたらマウスが反応しなくなってた。こういうときは一回CPU切換器からマウスを外して、また取り付けると治ることが多いので、いつもどおりそうやってみましたが、だめだった。しょうがないからキーボードを使ってログオフしてみたら、今度はキーボードも反応しなくなった。しょうがないのでUSBマウスを取り付けてみたら反応したので再起動できた。ちなみに反応したのはUSBマウスだけでPS2マウスは無反応。

BIOS画面で止まった

さて、再起動だからとまっていたら、BIOSの画面で止まってしまった。キーボードのエラーかキーボードが接続されていませんというメッセイジが表示されてる。あれ~なんでだあ? とりあえずこういうときはキーボードもCUP切換器から外してまたつけてみよう。と実行したがなおらず。今度はPC背面からCPU切換器につながるキーボードのケーブルを抜いてまたさしてみるが解決せず。それならとUSBキーボードを取り付けてみたがやっぱり同じ。なので最後の手段ということでCUP切換器を介さず直接PS2キーボードを取り付けてみたら無事起動した。

CPU切換器の電源を落としてみる

私の使っているCPU切換器はPS2マウス・キーボードから給電することになってるが、容量が足りなければ外部ACアダプタ(別売)を使うことができる。使っていない同じメーカーのルーターがあったので、ACアダプタの型番を見てみたら、別売のACアダプタと同じ型番だったのでつけて使ってみていた。もともと電源を切ってもPS2に給電するマザーボードだったこともあり、電源をつけっぱなしになってたからおかしくなったのかなーとおもって全てのケーブルを外してみたが、また付け直したら同じ症状だった。今度は長時間電源を落としてなおるか試してみますか。

関連記事

テーマ:周辺機器 - ジャンル:コンピュータ

«  | HOME |  »

入標開通(サイト本館)

最近の記事

カテゴリー

ユーザータグ

工事 博多駅の新幹線に関する工事 九州新幹線 信号保安 模型加工 ATS ダイヤ予想 カプラー(模型) PC レール関係(模型) バス 模型紹介 模型整備 文献紹介 Web 電気関係(模型) ホーム延長 車両(模型) 折尾駅高架化工事 福間駅待避線延長工事 改軌(模型) Linux 軌道 kubuntu ubuntu ダイヤ改正 ダイヤ 予想 西鉄 Windows 鉄道模型 Nn3-1/2 動画 転配属予想 Njゲージ Nゲージ 

全ての記事を一覧表示する

全の記事を一覧表示する

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

月別アーカイブ

お勧めの本

新・停車場線路配線ハンドブック

停車場の線路配線を設計する人向けの本です。設計に必要な知識が一通り書いてあるようです。旅客駅だけでなく貨物駅、車両基地、新幹線、新在直通の設計法や配線変更工事のことも書いてあります。JRの線路の諸元一覧や一部民鉄の線路構造規定一覧もあります。

信号保安・鉄道通信入門

国鉄・JRの信号保安・鉄道通信について一通り書いてあるようです。業界の人向けの広告も掲載されています。

プロとして恥ずかしくないWEBデザインの大原則

公式集にあたるHTMLやCSSの辞典だけではわからない、応用・発展的なことが充実しています。HTEMLやCSSの基礎ができているという前提で、サイト作成に必要なことが一通り書いてあるようです。目的や構造にあったサイト構成や、サイトに合った擬似フレームレイアウトの分割方法などの解説があります。

詳解HTML&XHTML&CSS辞典


HTMLやCSSの公式集です。ブラウザの対応一覧が充実していて、Internet ExplorerとNetScapeだけでなくFirefoxやOpera、Safari、IE-macなどの対応も書いてあります。

鉄路25号


鉄路25号

特集:西鉄宮地岳線(貝塚線)

発行所:九州大学鉄道研究同好会

発売中

サークルで作っている会誌です。特集は西鉄宮地岳線(現貝塚線)です。

プロフィール

北原東口(キタバルヒガシグチ)

Author:北原東口(キタバルヒガシグチ)

リンク - ブログと日記

個人的なお気に入り

個人的繋がりのあるやつ

ブログランキング

このブログをリンクに追加する

人気記事(月間/合計)

ランダム表示(ブログ以外含む)

リンク元