FC2ブログ

FMV MG/A50のCPUをCore2Duo T8100に換装 メモリを3GBに増設

富士通の2008年夏モデルのノートパソコン「FMV-BIBLO MG/A50」のCPUを、「Celeron 550」 (2.00GHz=133MHz×15)から、Intelが公式には対応を表明していない「Core 2 Duo T8100」(2.10GHz=200MHz×10.5)に、交換しました。メモリは動作周波数が変更になるため交換し、DDR2-533の1GB×2枚から、DDR2-800の1GB+2GBになりました。

CPU交換後のBIOSでは、Intel SpeedStepテクノロジが有効になり、(試してはいませんが)仮想化のVTの項目も出てきます。またBIOSではメモリの容量に3GBの制限がかかっていて、1GBと2GBの取り付けスロットを逆にすると、BIOSが起動しない仕様でした。なおCPU換装後のメモリの速さは、DDR2-667となりました。

Mobile Intel GL960 Express ChipsetはIntel公式の仕様を超える機能を持っている

このノートPCに搭載されている「Mobile Intel GL960 Express Chipset」は、Intelの公式ページ内の仕様一覧では、対応FSBが533MHzとなっていますが、実際にはそれを超える機能を持っているようで、もっと性能のよいチップと中身はほぼ共通で、名称を変えて一部に制限をかけただけのようです。

「Mobile Intel GL960 Express Chipset」を搭載するノートPCでCPUを、CeleronからCore 2 Duoに交換した報告は、SONYのVAIO、富士通のFMV、東芝のdynabook、Gatewayなどがあります。

同時期の上位モデルはMobile Intel GM965 Express Chipsetを搭載

富士通公式ページ内の「FMV-BIBLO MG/A50」と上位機種の仕様一覧ページを見ると、「Core 2 Duo T8100」を搭載した上位版は「Mobile Intel GM965 Express Chipset」を搭載していて、このチップに一部制限をかけたものが「Mobile Intel GL960 Express Chipset」のようです。他の交換事例でも、上位版モデルでは「Mobile Intel GM965 Express Chipset」を搭載しているようです。

また他の交換事例では、メモリ4GB搭載については、BIOSでは問題なく認識されるものの、Windowsが起動中にハングするということで、3GBでは問題なくWindowsが起動するそうです。なお今回の機種では、BIOSで3GBまでに制限をかけていますが、1GB+2GBでもDual Channelで動作しました。

チップセットの比較
項目 GM960
Intel公式
GM965
Intel公式
GM960
実際
VTはCore 2 Duoを搭載時BIOSに現れるも未検証。なお今回搭載したCore 2 Duo T8100はVT対応。
対応 FSB533MHz800MHz533/800MHz
最大メモリーサイズ2GB4GB3GB
メモリーの種類DDR2 533DDR2 533/667DDR2 533/667
仮想化 VT-d非対応非対応未検証

搭載CPUの選択

上位モデルが搭載しているT8100を選ぶのが無難ですが、これと同じPenrynのモバイル向けCore 2 DuoでFSBが800MHzの製品は、最高で2.60GHzのT9500があります。続いて2.50GHzのT9300、2.40GHzのT8300、2.1GHzのT8100となり、発熱量を表すTDPはいずれも35Wです。換装前のCeleron 550のTDPは31Wなので、少し発熱量が高くなります。

今回はネットオークションでの価格等、入手性の面から2.1GHzのT8100を選びました。後述しますが、発熱量増大に合わせて、CPUクーラーのグリスはある程度性能の高いものにしました。

BIOS画面

BIOSの画面では、CPUはCore 2 DuoのT8100と出ていて、2.10GHzと、定格のスピードが表示されています。

メモリを最大容量の3GB搭載する場合には、この画面のようにスロット1が1GBでスロット2が2GBの組合せでないと、BIOSの起動が途中で止まって固まったままになります。

CPUの詳細な設定に入ると、写真のようにマルチコアやSpeedStepテクノロジが自動的にオンになります。CPU交換後は自動的に画面のような設定になります。またCPU交換後にBIOSのデフォルト設定を読み込んだ状態も、この画面と同じ設定でした。今回は特に仮想化は使わないので、CPUに機能はあるもののVTはOFFに設定しました。

Memtest86+で状態をチェック

メモリのエラーをCDブートでチェックできるMemtest86+を使って実際の状態を確認しました。

Chipsetについては、「Intel GM965/GM960」と認識されていて、チップが共通になっていることをうかがわせています。またT8100の動作周波数は、200MHz×10.5で2.1GHzですが、FSBが199MHzということで、200MHzで動いていることがわかります。

メモリについては、「RAM」の部分で動作周波数がDDR664と表示されていて、DDR-667になっていることがわかります。また、「Dual Channel」がONになっていることが表示されています。

元々搭載されているメモリはDDR-533なので、DDR-800(PC2-6400)に両方とも交換しています。

Windows上でのCPUの認識

今回のノートPCはWindows Vista搭載ですが、コントロールパネルからシステムにいくと、プロセッサの名称もきちんと表示されていて、メモリも3.00GBと認識されています。

画像はありませんが、「Core Temp」というソフトを使ったところ、Speed Stepが機能してCPU周波数が変わっているのが確認できました。こちらも画像なしですが、「CPU-Z」というソフトで確認したところ、今回中古で入手したSamsungのメモリ2枚は、偶然にも同じ月に製造された製品でした。なので、メモリの組合せによってDual Channelがオンにならない場合があるかどうかなどについては検証できない状況でした。

以下、簡単な分解方法の説明など。

全文を表示 »

スポンサーサイト



テーマ:自作・改造 - ジャンル:コンピュータ

玄箱のパーティションを4KiBセクタに合わせる-Gpartedを使用

従来のハードディスクでは物理セクターが512Bでしたが、最近では4KiBのものが増えています。玄箱HGでは論理セクターを512Bとして扱いますが、パーティションの境界が4KiBの物理セクターに合っていないためパフォーマンスが低下します。そこで一旦セットアップした玄箱からハードディスクを外して他のPCに接続し、パーティション操作ソフトのGPartedを使ってパーティションの境界を変更しました。

方法

通常通り玄箱HGのセットアップを行い、中からハードディスクを取り出します。パーティション操作ソフトの使える別のPCに取り付けて起動し、パーティション操作ソフトを立ち上げます。今回の場合はubuntuをインストールしたPCに取り付けてGPartedを使いました。

GPartedではデータを保持したまま、玄箱HGの中で使われているext3フォーマットのパーティションの移動・リサイズができます。移動・リサイズする時のパーティションの境界のそろえ方を「MiB単位にそろえる」とすれば、自動的に4KiB単位にそろいます。(1MiB=4KiB×28です。)

パーティション操作を始める前に元のパーティションの情報を見ると、パーティションの開始セクターと終了セクターを見れます。「/」パーティションは63番目の論理セクターから始まっていて、8で割り切れる4KiBの物理セクターには揃ってないのがわかります。(4KiB=512B×8で、論理セクター8個で物理セクター1個になります。またセクター数は0番目から始まります。) 終了セクターは8の倍数引く1になっていればいいですが、こちらも揃ってはいないと思います。今回私がセットアップした2TiBのハードディスクでは、他の2つのパーティションも4KiBセクターには揃っていませんでした。(1000は8の倍数なので下3桁だけ見ればOK。)

実際の手順と結果

今回は後ろのパーティションから順に移動+リサイズを行いましたが、前から順にしても大丈夫でしょう。また今回は玄箱HGのハードディスク交換と同時に行ったため、共有フォルダの入っている「/mnt」パーティションは別のハードディスクからGPartedでコピーするかたちにしました。(別のハードディスクからのデータの移行は過去記事の「玄箱のHDD交換でのデーター移行-パーティション操作ソフトを使う場合」を参照。)

実際にやった作業は

  1. データの入っていない空の共有フォルダが入っている「/mnt」パーティションを削除。
  2. SWAPパーティションを後ろに移動+256MiBに拡大(4KiBセクターに合わせた)。
  3. 「/」パーティションを後ろに移動+数MiB拡大(4KiBセクターに合わせた)。パーティションの前の空きを2MiBに設定したため4096番目の論理セクタから始まる。
  4. 玄箱の起動テストのため、SWAPパーティションの後ろに2GiBのパーティションを作成してext3でフォーマット。
  5. ハードディスクを玄箱に取り付けて電源を入れる。
  6. 赤のdiagランプが3回点滅を繰り返すが起動した。
  7. ウェブブラウザから管理画面にアクセスすると通常の管理画面とは違う文言が表示され、「システム異常」か何かの表示が出て、対処するための方法が3段階(だったと思う)で表示される。説明とその下にその処理を実行するためのボタン、という組み合わせで、確か3項目だったと思う。一番下は「/mnt」パーティションのフォーマットになっていたはず。
  8. パーティションの開始位置が63番目の論理セクターでなくても起動するのを確認したので、電源を落としてハードディスクを取り出した。
  9. 再びPCに接続してGPartedを使用し、テスト用に作成した2GiBのパーティションを削除した。
  10. 移行前のハードディスクの「/mnt」パーティションを、今回のハードディスクにコピー(+リサイズ)した。(勿論4KiBセクターに合っている。)
  11. 今回の移行後のハードディスクを玄箱に取り付けて電源を入れた。
  12. 無事起動して、ブラウザからの管理画面も通常通り表示された。
  13. この方法で新しいハードディスクにデータを移行すると共有フォルダの設定はリセットされるので、ブラウザからの管理画面でゴミ箱機能やアクセス制御の設定を行う。(「/mnt」パーティションにフォルダがあれば自動的に共有フォルダと認識されるようだが、設定はリセットされる。またゴミ箱機能の修正パッチの適用を忘れずに。)

共有フォルダが空の場合の時間短縮法

サイズの大きなパーティションの移動やリサイズには時間がかかるので、セットアップ直後でまだ共有フォルダにデータを入れていない場合は、「/mnt」パーティションを一旦削除してから移動・リサイズして、後から「/mnt」パーティションを作成しなおすのがいいかもしれないですが、試してはいません。この場合は「/mnt」パーティションが空になるので、多分上で書いたようにdiagランプが3回点滅の状態になると思います。対処方としては、telnetでログインして「/mnt」パーティションに何かフォルダを作ればいいと思います。それで対処できなければ、ブラウザからの管理画面で、表示されるとおりに対処することになるでしょう。(万一それでどうにもならなくても、まだデータは入っていないので最初からやり直しはできるはずです。)

テーマ:周辺機器 - ジャンル:コンピュータ

kubuntu 10.10を手軽に導入する─ubuntuのkubuntu化

Linuxディストリビューションのubuntuには、デスクトップ環境をGNOMEの代わりにKDEにした「kubuntu」という派生ディストリビューションがある。しかし現在のバージョンのkubuntuには、ubuntuのような日本語 Remix版は提供されていない。そこで、ubuntuをkubuntu化することによって、楽して日本語環境の整ったkubuntuを導入することにした。

ubuntuのインストール

まずubuntu Desktop 日本語 Remix CDのイメージファイルをダウンロードし、CDに焼いてインストールを行う。インストールは通常通り行えばよく、インストール後の日本語環境の設定も通常通り行えばよいので、ここでは詳しくは述べない。ダウンロードは以下のURLから行える。http://www.ubuntulinux.jp/products/JA-Localized/download

kubuntu-desktopの導入

インストールが終わってログインした後、kubuntuのDesktop環境をインストールする。コマンドで行う場合は、sudo apt-get install kubuntu-desktopとなる。GUIを使う場合はsynapticを使って「kubuntu-desktop」を検索してインストールすればよい。CUIの場合もGUIの場合も、依存関係で必要なパッケージの一覧が表示されるので、それもそのままインストールする。インストールを行う途中でログインマネージャーを、GNOMEの「gdm」にするかKDEの「kdm」にするか選択を求められるので、手軽に導入するために「gdm」を選択する。

KDEでの初回ログインは英語で

インストールが終わって再起動すると、ログイン画面のセッションの選択で、「KDE」が選べるようになる。KDEで最初にログインする場合は、言語の設定を「英語」にする必要がある。今回は楽をするために、まだKDEの日本語環境言語サポートをインストールしていない。そのため「日本語」を選んだままだとログイン途中でハングして、ログイン画面に戻ってしまう。またkdmのデフォルトのスタイルでは言語の選択ができないため、その場合は自分できちんと日本語環境言語サポートをインストールして設定しておく必要がある。

日本語環境のインストール

ログイン後、言語の日本語の設定をする。Windowsでいうスタートメニューに相当するKメニューから「Settings」に行き、そこからKDEの設定である「System Settings」に行く。Windowsで言うコントロールパネルのようなメニュー一覧が表示されたら、一番上の行の「Locale」に行く。右下の「Install New Language」を選択すると、「The language support is not installed completely」と、言語のサポートが完全にはインストールされていない、と出る。「Yes」を選択してインストールする。インストールが終わると、右下の「Add Language」から「Japanese」を選択して追加すると、足りないパッケージがあるのでインストールするか聞かれるので、Yesを選択するパッケージのインストール言語の追加が終わってログアウトすれば、日本語でKDEにログインできるようになる。これでkubuntuの日本語環境を手軽に導入できたはずだ。

ログインマネージャーをkdmにする

ログインマネージャーをkdmに戻したい場合は、sudo dpkg-reconfigure kdmとして、ログインマネージャーを選択する画面を出し、kdmを選択する。再起動すればログインマネージャーがkdmで起動する。

おわりに

KDEの日本語のパッケージを過不足なく簡単にインストールする方法はあるのかもしれないが、自分が分かる範囲の中では、楽してインストールする方法は以上のやり方であった。kubuntuを使いたいけどubuntuのように日本語環境が整ってないからと諦めている人は、この様なかたちで手軽に導入してみてはどうだろうか。

テーマ:Linux - ジャンル:コンピュータ

Windows上でフォルダ内のファイルの一覧をテキストファイルに書き出す

フォルダ内に入っているファイルの一覧を作りたいときに、コマンドプロンプトで簡単に作ることができるので説明します。

コマンドプロンプトでの、フォルダ内のファイルの一覧を表示するコマンドは「dir」です。Unixでの「ls」にあたるコマンドです。今居るディレクトリ内の場合はそのままdirとすればOKです。別のディレクトリの場合は、相対パス指定と絶対パス指定でそれぞれ以下のようになります。

dir "sub directory"
dir "c:\directory\sub directory 1\...\sub directory n"

相対パス指定で上のフォルダは「../」で指定できます。2つ上なら2つ続ければOKです。フォルダ名を途中まで入力したところで「Tab」キーを押すと、全部入力しなくても続きを入れてくれるので、楽をして間違いを減らすこともできます。

ファイル出力

さて、ではファイル出力です。コマンドプロンプトでは、出力の内容を画面にではなく、ファイルに書き出すことが可能です。方法はコマンドの後に「 > "file_name.txt"」とつけると、file_name.txtという名前のテキストファイルが生成されて中にコマンドの出力内容が表示されます。例えばあるフォルダの下の「ABC」フォルダの内容を1つ上のフォルダのQWE.txtファイルに書き出す場合は以下のようになります。

dir ABC > ../QWE.txt

使いことがどのくらいあるかはわかりませんが、コマンドプロンプトの出力内容をファイルに保存したい場合には使える技です。因みにUNIX系にも同様の機能があります。

追記

コマンドプロンプトでのフォルダの移動は「cd」コマンドを使います。cdの後にフォルダを相対パスか絶対パスで指定するとそこに移動できます。今何処に居るかは、カーソルの左側を見ればわかります。

テーマ:Windows 全般 - ジャンル:コンピュータ

ZoneAlarm 9を入れるとDAEMON Toolsが起動しなくなる→8なら大丈夫

ZoneAlarmの日本語ページからはダウンロードできない最新のバージョン9を入れるとDAEMON Toolsが起動できなくなりましたが、一つ前のバージョン8をインストールすると起動して使えるようになりました。

ZoneAlarm 9を落として入れてみた。

ZoneAlarmではファイヤーウォール機能のみの無料版がダウンロードできますが、ZoneAlarmの公式サイト(http://www.zonealarm.com/)は、日本からアクセスすると自動的に日本語ページに行って、日本語ページからは最新ではない7.0.483.000しかダウンロードできません。それで英語など他の言語のページに行くと最新の9.1.007.002がダウンロードできます。しかしこれをインストールするとDAEMON Toolsが起動しなくなりました。また起動しないだけでなくアンインストールもできなくなりました。

DAEMON Toolsとかをいじってみた

DAEMON Toolsが自動で起動するときに、SPTDのバージョン1.62が必要でカーネルデバッガを停止するようにメッセージが出て、起動しません。それでDAEMON Toolsの最新版をインストールしようとしましたが無理で、同様のメッセージが出ました。

そこでhttp://www.duplexsecure.com/en/downloadsでSPTD for Windows 2000/XP/2003/Vista/Windows 7 (32 bit)を落としてインストールしてみましたが、無理でした。またカーネルデバッガの停止はよくわからなくてできませんでした。

ZoneAlarmを一旦削除して8にしてら大丈夫だった

入れてみて不具合の出たZoneAlarm 9を削除してみたら、問題なくDAEMON Tools Liteが起動してアップデートもできました。なので7に戻してもいいですが、試しに8を入れてみました。

リリース履歴のページ(http://download.zonealarm.com/bin/free/information/znalm/zaReleaseHistory.html)から8.0.298.000の英語版を落として入れてみたところ、DAEMON Tools Liteは問題なく起動して、イメージのマウント・アンマウントが行えました。

テーマ:ソフトウェア - ジャンル:コンピュータ

«  | HOME |  »

入標開通(サイト本館)

最近の記事

カテゴリー

ユーザータグ

工事 博多駅の新幹線に関する工事 九州新幹線 信号保安 模型加工 ATS ダイヤ予想 カプラー(模型) PC レール関係(模型) バス 模型紹介 模型整備 文献紹介 Web 電気関係(模型) ホーム延長 車両(模型) 折尾駅高架化工事 福間駅待避線延長工事 改軌(模型) Linux 軌道 kubuntu ubuntu ダイヤ改正 ダイヤ 予想 西鉄 Windows 鉄道模型 Nn3-1/2 動画 転配属予想 Njゲージ Nゲージ 

全ての記事を一覧表示する

全の記事を一覧表示する

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

月別アーカイブ

お勧めの本

新・停車場線路配線ハンドブック

停車場の線路配線を設計する人向けの本です。設計に必要な知識が一通り書いてあるようです。旅客駅だけでなく貨物駅、車両基地、新幹線、新在直通の設計法や配線変更工事のことも書いてあります。JRの線路の諸元一覧や一部民鉄の線路構造規定一覧もあります。

信号保安・鉄道通信入門

国鉄・JRの信号保安・鉄道通信について一通り書いてあるようです。業界の人向けの広告も掲載されています。

プロとして恥ずかしくないWEBデザインの大原則

公式集にあたるHTMLやCSSの辞典だけではわからない、応用・発展的なことが充実しています。HTEMLやCSSの基礎ができているという前提で、サイト作成に必要なことが一通り書いてあるようです。目的や構造にあったサイト構成や、サイトに合った擬似フレームレイアウトの分割方法などの解説があります。

詳解HTML&XHTML&CSS辞典


HTMLやCSSの公式集です。ブラウザの対応一覧が充実していて、Internet ExplorerとNetScapeだけでなくFirefoxやOpera、Safari、IE-macなどの対応も書いてあります。

鉄路25号


鉄路25号

特集:西鉄宮地岳線(貝塚線)

発行所:九州大学鉄道研究同好会

発売中

サークルで作っている会誌です。特集は西鉄宮地岳線(現貝塚線)です。

プロフィール

北原東口(キタバルヒガシグチ)

Author:北原東口(キタバルヒガシグチ)

リンク - ブログと日記

個人的なお気に入り

個人的繋がりのあるやつ

ブログランキング

このブログをリンクに追加する

人気記事(月間/合計)

ランダム表示(ブログ以外含む)

リンク元