FC2ブログ

博多駅の第2ホームの倉庫がなくなってました

博多駅の工事を見てきました。

  • 第1ホームの拡幅工事は完了していたようです。
  • 2・3・4番線の竹下よりの渡り板は完成したようです。
  • 第2ホーム竹下よりにある業務エレベーターが撤去されていました。
  • 第2ホームの業務エレベーターの手前の掘削が進んでいるようです。
  • 第2ホームの竹下よりにあった倉庫が撤去されていました。
  • 竹下よりの工事用スロープから直進した位置の5・6・7番線の部分にも渡り板が作られていました。
  • 博多口駅前広場の吉野家等が入っていた建物が撤去作業中でした。
  • 第3ホームの7・8番線の上り列車の停止位置が変更になるようです。
  • 5番線の吉塚寄りのポイントのバラストが砂袋に入れられていました。
とまあこんなかんじでした。詳細は後でサイトにアップします。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

六角レンチを切断

題名の通り六角レンチを切断しました。なぜ切断したかというと、狭くて入らないところがあったからです。

ベッドがぐらぐら

DSCI0001.jpg
ベッドと壁の間に入る六角レンチが必要でした。

その狭くて入らなかったのは部屋のベッドと壁の間の隙間です。そのベッドというのは金属製で2段ベッドから1段目を無くしたような形状をしています。家が6階ということもあって去年の福岡県西方沖地震とその余震でたいそう揺れたためにネジが緩んだのですが、狭くて裏側にはレンチが入らず、ベッドを動かそうにも手前に物がありすぎてめんどくさいという状況で、手前側のネジだけを締めなおして1年ほどほかってました。昇ったり降りたりするだけでぐらぐらゆれて、じわりじわりと月日がたつにつれて揺れが酷くなってきたベッドを1年ほどそのまま使い続けていたわけです。

部屋の片付けついでにベッドも直すか

というわけで、六角レンチの方を切って短くしてみることにしました。過去に糸鋸で自転車を解体して燃えないごみの袋に入れて処分したことを思い出し、六角レンチだって切れるだろう。と実行してみました。

続きは「全文を表示」をクリック

全文を表示 »

関連記事

«  | HOME |  »

入標開通(サイト本館)

最近の記事

カテゴリー

ユーザータグ

工事 博多駅の新幹線に関する工事 九州新幹線 信号保安 模型加工 ATS ダイヤ予想 カプラー(模型) PC レール関係(模型) バス 模型紹介 模型整備 文献紹介 Web 電気関係(模型) ホーム延長 車両(模型) 折尾駅高架化工事 福間駅待避線延長工事 改軌(模型) Linux 軌道 kubuntu ubuntu ダイヤ改正 ダイヤ 予想 西鉄 Windows 鉄道模型 Nn3-1/2 動画 転配属予想 Njゲージ Nゲージ 

全ての記事を一覧表示する

全の記事を一覧表示する

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

月別アーカイブ

お勧めの本

新・停車場線路配線ハンドブック

停車場の線路配線を設計する人向けの本です。設計に必要な知識が一通り書いてあるようです。旅客駅だけでなく貨物駅、車両基地、新幹線、新在直通の設計法や配線変更工事のことも書いてあります。JRの線路の諸元一覧や一部民鉄の線路構造規定一覧もあります。

信号保安・鉄道通信入門

国鉄・JRの信号保安・鉄道通信について一通り書いてあるようです。業界の人向けの広告も掲載されています。

プロとして恥ずかしくないWEBデザインの大原則

公式集にあたるHTMLやCSSの辞典だけではわからない、応用・発展的なことが充実しています。HTEMLやCSSの基礎ができているという前提で、サイト作成に必要なことが一通り書いてあるようです。目的や構造にあったサイト構成や、サイトに合った擬似フレームレイアウトの分割方法などの解説があります。

詳解HTML&XHTML&CSS辞典


HTMLやCSSの公式集です。ブラウザの対応一覧が充実していて、Internet ExplorerとNetScapeだけでなくFirefoxやOpera、Safari、IE-macなどの対応も書いてあります。

鉄路25号


鉄路25号

特集:西鉄宮地岳線(貝塚線)

発行所:九州大学鉄道研究同好会

発売中

サークルで作っている会誌です。特集は西鉄宮地岳線(現貝塚線)です。

プロフィール

北原東口(キタバルヒガシグチ)

Author:北原東口(キタバルヒガシグチ)

リンク - ブログと日記

個人的なお気に入り

個人的繋がりのあるやつ

ブログランキング

このブログをリンクに追加する

人気記事(月間/合計)

ランダム表示(ブログ以外含む)

リンク元