FC2ブログ

YokkaさんのEdeitorで使えるBVEのRouteファイル用の強調ファイルを作ってみました

タイトルの通りですが、Yokkaさんの作成されたテキストエディタのSQLEditor、NoEditor、UnEditorで使える言語強調ファイルを作ってみました。BVE2専用、BVE4専用、BVE2・BVE4両用の3種類を作ってみました。

BVEのRouteファイルの各構文が色分け表示されるようになっています。色分けは以下の通りです。

BVE2・4共通

  • キーワード1 :その他の構文
  • キーワード2 :25メーター単位の構文
  • キーワード3 :1メーター単位の構文
  • キーワード4 :よく使う文字列(拡張子等) カンマ(,)
  • キーワード5 :セミコロン(;) マイナス(-)
  • 変数1 :変数

BVE2専用

  • キーワード1 :その他の構文
  • キーワード2 :25メーター単位の構文
  • キーワード3 :1メーター単位の構文
  • キーワード4 :よく使う文字列(拡張子等) カンマ(,)
  • キーワード5 :セミコロン(;) マイナス(-)
  • 変数1 :変数

BVE4専用

  • キーワード1 :その他の構文
  • キーワード2 :25メーター単位の構文
  • キーワード3 :1メーター単位の構文
  • キーワード4 :よく使う文字列(拡張子等) カンマ(,)
  • キーワード5 :セミコロン(;) マイナス(-)
  • 変数1 :変数

以下のアドレスのページで試しに公開してます。もしミスなど何かありましたらコメントお願いします。 http://www.kitabaru.sakura.ne.jp/file/KeyWord/

スポンサーサイト



テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

博多駅の今後(2006秋ダイヤ改正まで)の工事の予想

2006年7月11日と21日のに見てきましたが、変更が多いためブログの速報とサイトの両方のを準備するのは大変なので、この2日のぶんはサイトだけで公開させていただきますが、予想についてはこちらに書くことにします。

2006年秋の改正までの工事の予想

1番線使用再開・4番線の行き止まりを元に戻す

現在使用停止となっている1番線の使用を再開するでしょう。竹下よりの盛土部分を高架にする工事があっているので、その工事が終わりしだい線路を敷きなおすでしょう。吉塚よりも線路の位置を変え、ホームのカーブの半径を大きくするようです。この1番線使用再開にあわせて現在の2番線の使用は停止されるでしょう。現在の2番線の線路を途中から曲げて現在の1番線につなげるでしょう。

4番線は竹下側からしか入れない行き止まりになっていますが、この行き止まりを元に戻して吉塚方面に進出できるようにするでしょう。吉塚寄りに9両の有効長を持つ引上げ線が完成しているので、行き止まりの線路を使って長時間留めておかなくても、引き上げることにより線路が塞がる時間を減らすことができるでしょう。

5・7番線の停止位置が竹下寄りに移る

5・7番線の列車を停車させることの区間が、現在は工事開始前より短くなっていて、竹下側に配線変更工事をするための空間が準備されているようです。竹下側の配線切換が終わったら竹下側の信号や絶縁継目の位置を竹下寄りに移すでしょう。

現在5・7番線は吉塚よりにシーサスクロッシング(両渡り)を挿入する工事の途中で、まず7番線側だけ挿入して、後から5番線の移設とシーサス挿入が行われるでしょう。挿入後も信号や絶縁継目の位置はそのままとして、竹下側の工事が終わってから竹下側に移すでしょう。この移った後の信号やホーム端の位置は、ホームの駅員室付近の渡り板の場所付近になるでしょう。

5・7番線の位置を竹下寄りに移し、空いた吉塚側の空間には、有効長の長い引上線ができるでしょう。最低でも9両は入れるようになるでしょう。理想は13両です。

8番線の吉塚寄りの移動

8番線の吉塚よりの線路を海側に曲げるようです。

9番線の移動と10番線の移設・11番線撤去

9番線が、10番線と11番線のシーサスクロッシングのあるあたりで、10番線に合流するようになるでしょう。10番線は海側に移動してホームの幅が狭くなり、駅務室を過ぎたあたりで行き止まりになるでしょう。11番線と西引上3・4は使用停止になり、改正後に撤去されるでしょう。10番線がゆたか線専用となり、9番線も終日ゆたか線の列車が着発するでしょう。9番線は鹿児島本線の貨客列車も走るでしょう。ゆたか線は折り返しや増解結のために吉塚寄りに引上線ができるでしょう。ゆたか線と鹿児島下の間のスペースにできるでしょう。

予想配線図

赤線が線路変更部分でねずみ色が撤去・移動前部分です。ホーム端は青線です。黄緑の線で囲んだ部分は何らかの変更がある部分です。写真をクリックで拡大


関連記事

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

博多駅の5・7番線の間にSCを組み立てていました

観察日:2006年7月6

吉塚側の使用停止となっていた東引上げが完全に撤去されました。他のも吉塚側の使用停止部分の撤去がすすんでいました。

5・7・8・9・10番線中央付近から吉塚側にかけて、移動後の軌道中心となる場所を表す木の棒が埋め込まれていました。一部には緩和曲線や円曲線の始点・終点を表す表記がありました。

線路の中心を現す赤い印が並んでいるのがわかります。7番線の吉塚側。


8番線の吉塚側


10番線の吉塚寄り。線路を海側に移動させるのがわかります。新幹線ホームの用地確保のためでしょう。

吉塚側、5・7番線の間に組み立て途中のシーサスクロッシングがありました。

左の7番線は枕木が木のものに交換されているので、その部分にSCを移動させるようです。

今日の観察を元に今後の予想配線図を書きました。

関連記事

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

«  | HOME |  »

入標開通(サイト本館)

最近の記事

カテゴリー

ユーザータグ

工事 博多駅の新幹線に関する工事 九州新幹線 信号保安 模型加工 ATS ダイヤ予想 カプラー(模型) PC レール関係(模型) バス 模型紹介 模型整備 文献紹介 Web 電気関係(模型) ホーム延長 車両(模型) 折尾駅高架化工事 福間駅待避線延長工事 改軌(模型) Linux 軌道 kubuntu ubuntu ダイヤ改正 ダイヤ 予想 西鉄 Windows 鉄道模型 Nn3-1/2 動画 転配属予想 Njゲージ Nゲージ 

全ての記事を一覧表示する

全の記事を一覧表示する

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

月別アーカイブ

お勧めの本

新・停車場線路配線ハンドブック

停車場の線路配線を設計する人向けの本です。設計に必要な知識が一通り書いてあるようです。旅客駅だけでなく貨物駅、車両基地、新幹線、新在直通の設計法や配線変更工事のことも書いてあります。JRの線路の諸元一覧や一部民鉄の線路構造規定一覧もあります。

信号保安・鉄道通信入門

国鉄・JRの信号保安・鉄道通信について一通り書いてあるようです。業界の人向けの広告も掲載されています。

プロとして恥ずかしくないWEBデザインの大原則

公式集にあたるHTMLやCSSの辞典だけではわからない、応用・発展的なことが充実しています。HTEMLやCSSの基礎ができているという前提で、サイト作成に必要なことが一通り書いてあるようです。目的や構造にあったサイト構成や、サイトに合った擬似フレームレイアウトの分割方法などの解説があります。

詳解HTML&XHTML&CSS辞典


HTMLやCSSの公式集です。ブラウザの対応一覧が充実していて、Internet ExplorerとNetScapeだけでなくFirefoxやOpera、Safari、IE-macなどの対応も書いてあります。

鉄路25号


鉄路25号

特集:西鉄宮地岳線(貝塚線)

発行所:九州大学鉄道研究同好会

発売中

サークルで作っている会誌です。特集は西鉄宮地岳線(現貝塚線)です。

プロフィール

北原東口(キタバルヒガシグチ)

Author:北原東口(キタバルヒガシグチ)

リンク - ブログと日記

個人的なお気に入り

個人的繋がりのあるやつ

ブログランキング

このブログをリンクに追加する

人気記事(月間/合計)

ランダム表示(ブログ以外含む)

リンク元