FC2ブログ

厳しすぎる規則と安全-走行中の無線連絡に関して

かなり前のことになるが、久留米のMaxモデルに行った時に、西鉄大牟田線の朝倉街道駅手前で急行電車が一旦停止し、その後駅に入ってくるということがあった。その電車に乗ってかぶりつきしていると、走行中に無線で連絡を取っていたのだが、その方法が大変現実的でJR西日本のような非現実的で有名無実化する恐れのない方法であり感心したので、そのことについて簡単に書くことにする。

あれっ 停まってる

カーブを曲がって駅に近づいてくる電車を見てから、反対のホームを見たまま待っていたが、列車の到着が遅いのでふと右を見てみると、ちょうど今電車が踏切手前で停止するところだった。特に特殊信号発光機が光ったりしていたわけではなく、踏切内に誰かや何かがいたりあったりしているわけではなく、何が起きているのかは分からなかった。西鉄では踏切には非常ボタンを設置せず障検しか設置しないようなので、非常ボタンのいたずらは考えられない。踏切で何かが起きたか、誤通過防止のATSの速度照査に引っかかったかのどちらかだどう。しばらく停車してからホームに入ってきて停止した。

60~70km/hでノッチオフ

大牟田線の最高速度が100km/hから110km/hにアップしてから乗るのは初めてだったので、110km/hで走るのを楽しみにしてかぶりつきしたが、60km/hだか70km/hだかでノッチオフして惰力で走行し始めた。すぐに運転士が無線で連絡をとり、連絡が終わると再びノッチを入れて110km/hまで加速して通常通りの運転となった。

遅れと安全運転

さて、JR西日本の福知山線での脱線事故では、運転士が無線連絡に気を取られてカーブの手前でブレーキをかけるタイミングを間違えた可能性が示唆されている。現在では、JR西日本では無線で連絡をする場合は走行中ではなく停車中に行うことになっている。しかし、無線連絡のために停止すれば列車はその分遅れるため、停止しないに越したことはない。遅れを出さずに無線連絡をするのであれば、通常通りの運転をしながらでなければならない。西鉄のように通常より大幅に低い速度で走行しながら無線連絡をするのであれば、遅れは完全に停止する場合よりも少なく、また安全性が大きく低下することはない。それどころか、長期的視点に立ち人間の心理から考えると、JR西日本のやり方よりも安全だと言える。

数年後、本当に停止して無線連絡を行っているだろうか?

無線連絡をする場合には停止するという厳しすぎる規則は、どう見ても安全だと思える。しかし、何年も経った時に、厳しすぎる規則が果たして守られているだろうか? そして規則が破られた場合に、果たして限度を示すものがあるだろうか? この2つの疑問が出てくる。まず、どこの会社であったとしても、このような厳しすぎる規則は数年経てば有名無実化するだろう。そして、その場合には当然限度がないため、通常通りの速度で連絡することになるだろう。

ならばどうすれば安全なのか?

人間の心理から考えて、厳しすぎる規則は時が経てば有名無実化し、また一旦規則が破られると限度を示すものが何もなくなる。ではどうすればいいかというと、厳しすぎない適度な規則を作り、それで限度を示せばよい。西鉄のように無線連絡を行う場合には通常よりも大幅に遅い速度で走行する規則にすればよい。この場合はしないという現実離れした厳しすぎる規則にはせず、するとしたうえで限度を示しているので、しないとするよりも結局は安全と言える。例えば、カーブがある場合ははじめからカーブの制限速度よりも低い速度で運転するとか、制限がない場合はどのくらい低い速度で走行するといった基準を決めるのが、逆に安全ということになるのだ。

JR西日本にしてほしい対応とマスコミにして欲しい対応

現状ではマスコミ対策など様々な事情があるので厳しすぎる規則にしているのだろうが、この規則が有名無実化する前にきちんとした基準を再設定してほしい。またマスコミに対しても、いたずらに厳しすぎる対応を求め、現実的な対応でも非難するような対応をし、実際には逆効果になる場合があることも自覚してほしい。しかしまあ、マスコミがそんなことまで考えることなんてまずありえないだろう。そしてJR西日本が基準を本来あるべき姿に再設定することがあれば、それをマスコミには公表しないであろうし、そしていずればれ、新しい基準の方が安全であるにもかかわらず、ひたすら叩かれることは目に見えている。マスコミに叩かれようとも、本来あるべき基準にし、安全になることを期待したい。逆に今の規則を10年も20年もそのままにしておく方が危険なのだから。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

«  | HOME |  »

入標開通(サイト本館)

最近の記事

カテゴリー

ユーザータグ

工事 博多駅の新幹線に関する工事 九州新幹線 信号保安 模型加工 ATS ダイヤ予想 カプラー(模型) PC レール関係(模型) バス 模型紹介 模型整備 文献紹介 Web 電気関係(模型) ホーム延長 車両(模型) 折尾駅高架化工事 福間駅待避線延長工事 改軌(模型) Linux 軌道 kubuntu ubuntu ダイヤ改正 ダイヤ 予想 西鉄 Windows 鉄道模型 Nn3-1/2 動画 転配属予想 Njゲージ Nゲージ 

全ての記事を一覧表示する

全の記事を一覧表示する

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

月別アーカイブ

お勧めの本

新・停車場線路配線ハンドブック

停車場の線路配線を設計する人向けの本です。設計に必要な知識が一通り書いてあるようです。旅客駅だけでなく貨物駅、車両基地、新幹線、新在直通の設計法や配線変更工事のことも書いてあります。JRの線路の諸元一覧や一部民鉄の線路構造規定一覧もあります。

信号保安・鉄道通信入門

国鉄・JRの信号保安・鉄道通信について一通り書いてあるようです。業界の人向けの広告も掲載されています。

プロとして恥ずかしくないWEBデザインの大原則

公式集にあたるHTMLやCSSの辞典だけではわからない、応用・発展的なことが充実しています。HTEMLやCSSの基礎ができているという前提で、サイト作成に必要なことが一通り書いてあるようです。目的や構造にあったサイト構成や、サイトに合った擬似フレームレイアウトの分割方法などの解説があります。

詳解HTML&XHTML&CSS辞典


HTMLやCSSの公式集です。ブラウザの対応一覧が充実していて、Internet ExplorerとNetScapeだけでなくFirefoxやOpera、Safari、IE-macなどの対応も書いてあります。

鉄路25号


鉄路25号

特集:西鉄宮地岳線(貝塚線)

発行所:九州大学鉄道研究同好会

発売中

サークルで作っている会誌です。特集は西鉄宮地岳線(現貝塚線)です。

プロフィール

北原東口(キタバルヒガシグチ)

Author:北原東口(キタバルヒガシグチ)

リンク - ブログと日記

個人的なお気に入り

個人的繋がりのあるやつ

ブログランキング

このブログをリンクに追加する

人気記事(月間/合計)

ランダム表示(ブログ以外含む)

リンク元