FC2ブログ

KATO・GM台車のSHINKYOカプラー調整法

一個前の記事で「KATO・GM台車にSHINKYOカプラーを取り付けてKATOカプラーに高さをあわせる」というのを書きましたが、自然解放を防ぐ考え方と、KATOの台車の場合の補足を書きます。

アーノルトと同じ根元

SHINKYOカプラーは後ろの棒を切った場合、アーノルトカプラーと尻の部分が同じような形になっています。

アーノルトのように上にも首を振る

アーノルトカプラーと同じような形なので、アーノルトと同じように左右だけではなく上にも首を振ることができます。そしてアーノルトと違って、上を向き過ぎると復元しない場合があります。そのまま取り付けただけでは上下方向の遊びが大きく高さがそろわないというだけでなく、上にも首を振って復元しないため、高さが食い違っているところなどで上を向いて解放してしまうことがあります。

上にストッパー

KATOカプラーに対して高くなる場合は下を削るなどしますが、上の空いている部分にプラ板でストッパーを取り付けます。(赤部分) ストッパーがあると上にずれないだけでなく、首を上に振る角度が制限できます。また、後ろの棒がバネと高さが合う場合は、短く切ってからバネの中に入れることも、上に首を振りにくくするのに効果的です。話は変わりますが、KATOの旧い機関車のスカートが台車マウントのものでは、後ろの棒をバネの上にのせると高さが合うので、この棒が上に首を振るのを抑えてくれます。

KATO台車は下が空いてるものがある

KATO台車には、カプラーポケットの下の図の桃色の部分がないタイプのものがあります。このタイプでは、上にストッパーをつけても下が空いているので上に首を振りやすいです。

下にもストッパーを入れる

下の部分をプラ板で塞ぐと上に首を振りにくくなります。KATOやGMタイプのカプラーポケットは他のメーカーでもあったりして、高さの調整に尻の底を削ったり削らなかったりしますが、下を塞がないでもいい場合があるようです。後ろの棒がバネの高さに合う場合は、後ろの棒を短く切ってバネの中に入れると、下が空いていても首を上には振りにくい場合があります。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

KATO・GM台車にSHINKYOカプラーを取り付けてKATOカプラーに高さをあわせる

SHINKYOカプラーをKATOやGREENMAXの台車に、後ろの棒を切ってそのまま取り付けた場合、SHINKYOカプラー同士の場合でもKATOカプラーと繋いだ場合でも、自然解放することが多いです。それを防ぐための加工法を書きます。

そのままKATO台車に付けた場合

左のKATO台車にKATOカプラーをつけたものと、右のKATO台車にSHINKYOカプラーを後ろの棒だけ切って取り付けたのを繋いだ状態です。高さが合わないのでこのままでは勾配変化地点で自然解放しやすくなります。そこで高さの調整をします。

底面を削って高さ調整

SHINKYOカプラーの底面の一段出ている部分を右のように平らに加工します。アートナイフなどで切ってからヤスリで平らにするといいでしょう。後ろの棒はちょっとだけ残して切っておくほうが、全部切るよりいいです。

削ったのを取り付け

SHINKYOカプラーがポケットの底にくっついている状態です。高さがだいたい同じになりましたが、しかしこのままでは自然開放が多発します。

バネの位置が悪い

この方向から見ると、カプラーが上下方向に薄くなったので、バネの上半分がカプラーの上に出ているのがわかります。この状態ではカプラーが上下にずれて高さが変わってしまいます。

上にずれるとこんな

カプラーの上に遊びがあるので、上にずれると下を削る前と同じ高さになってしまいます。

起き上がってしまうことも

位置が上にずれるだけでなく、走行中にこのような向きになることも多々あります。連結時にも上を向くことが多く大変です。

上にプラ板を入れる

こんな感じでプラ板を入れると上にずれることができなくなります。そして上を向いて立つこともなくなります。バネがカプラーの上にずれないために、後ろの棒をちょっとだけ残していた方がいいです。この場合はポケット側のバネが入る棒を短くカットする必要があります。

線型があまりよくないレンタルレイアウトで、GM台車を履いたWINのキハ55系9両で、このように取り付けたSHINKYOカプラーとKATOカプラーが混在した状態では自然解放は一度もありませんでした。

上から見たらこんな感じ。見やすくするため色を塗らず横にはみ出していますが、実際にはGクリヤーなどで固定してから台車の色に塗れば目立ちません。

GM台車とKATO台車の比較

右のGREENMAXの台車の方がちょっと高くなっています。高さがちょっと違うのは両者にKATOカプラーを取り付けた場合も同じです。SHINKYOでは上下に薄いので勾配変化点では少し外れやすいかもしれませんが、実際に走らせたことがないのでどうなるかはわかりません。

KATOカプラーAとBの高さの違い

どちらもKATOの台車ですが、KATOカプラーのAとBではこのくらい高さが違います。なのでSHINKYOでこのくらいの高さなら問題がないのかもしれません。ただ、SHINKYOカプラーはKATOカプラーと違って上下にも首を振るので、またの機会に試してみようと思います。

関連記事

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

«  | HOME |  »

入標開通(サイト本館)

最近の記事

カテゴリー

ユーザータグ

工事 博多駅の新幹線に関する工事 九州新幹線 信号保安 模型加工 ATS ダイヤ予想 カプラー(模型) PC レール関係(模型) バス 模型紹介 模型整備 文献紹介 Web 電気関係(模型) ホーム延長 車両(模型) 折尾駅高架化工事 福間駅待避線延長工事 改軌(模型) Linux 軌道 kubuntu ubuntu ダイヤ改正 ダイヤ 予想 西鉄 Windows 鉄道模型 Nn3-1/2 動画 転配属予想 Njゲージ Nゲージ 

全ての記事を一覧表示する

全の記事を一覧表示する

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

月別アーカイブ

お勧めの本

新・停車場線路配線ハンドブック

停車場の線路配線を設計する人向けの本です。設計に必要な知識が一通り書いてあるようです。旅客駅だけでなく貨物駅、車両基地、新幹線、新在直通の設計法や配線変更工事のことも書いてあります。JRの線路の諸元一覧や一部民鉄の線路構造規定一覧もあります。

信号保安・鉄道通信入門

国鉄・JRの信号保安・鉄道通信について一通り書いてあるようです。業界の人向けの広告も掲載されています。

プロとして恥ずかしくないWEBデザインの大原則

公式集にあたるHTMLやCSSの辞典だけではわからない、応用・発展的なことが充実しています。HTEMLやCSSの基礎ができているという前提で、サイト作成に必要なことが一通り書いてあるようです。目的や構造にあったサイト構成や、サイトに合った擬似フレームレイアウトの分割方法などの解説があります。

詳解HTML&XHTML&CSS辞典


HTMLやCSSの公式集です。ブラウザの対応一覧が充実していて、Internet ExplorerとNetScapeだけでなくFirefoxやOpera、Safari、IE-macなどの対応も書いてあります。

鉄路25号


鉄路25号

特集:西鉄宮地岳線(貝塚線)

発行所:九州大学鉄道研究同好会

発売中

サークルで作っている会誌です。特集は西鉄宮地岳線(現貝塚線)です。

プロフィール

北原東口(キタバルヒガシグチ)

Author:北原東口(キタバルヒガシグチ)

リンク - ブログと日記

個人的なお気に入り

個人的繋がりのあるやつ

ブログランキング

このブログをリンクに追加する

人気記事(月間/合計)

ランダム表示(ブログ以外含む)

リンク元