FC2ブログ

「旅名人の九州満喫きっぷ」に関する様々な疑問に答えてくれる情報を見つけました

2007年秋に突如登場したJR九州の企画乗車券「旅名人の九州満喫きっぷ」。JR九州だけでなく九州の私鉄や第3セクターでも使用できる普通・快速乗り放題きっぷ。突如現れたこの企画乗車券がどのようにできたのか、マニアにも興味を引く情報が掲載されていました。

今回の面白い情報は運転協会誌からです。

  • 運転協会誌 2008年 3月号 P4-P7 (4)
  • 『旅名人の九州満喫きっぷ』誕生秘話 齋藤一利 (九州旅客鉄道㈱・鉄道事業本部営業部営業課(運賃制度)担当課長)
  • 企画乗車券特集号の特集記事

10月1日から発売開始で発表があったのは9月25日、マニアの間でも突如出現してバタバタしたような印象を受けていた切符ですが、構想から2箇月という短期間で発売できたということです。

構想

さて、どのような人をターゲットにして出てきた構想かというと、年配の人を想定して、「『青春18きっぷ』の九州版を作ってみてはどうか?」ということになりましたが、“『青春18きっぷ』の九州版”では,あまりにも能がない。ということで「『JR以外の鉄道にも乗れる。』という付加価値をつけてみてはどうか?」。ということになったとある。構想するのは簡単でありますが、それを実行に移し実現できたところが凄い。

選んだ事業者の基準や仕様

さて、使用可能なのはJR九州と10事業者でありましたが、どのような基準で選ばれたのか?ということがマニアの間でも話題になっていました。第3セクターだけでなく大手私鉄の西鉄が入っていたり、しかし熊本電鉄は入っていなかったりと一見不思議な状況でありましたが、期間が短かったため連絡運輸を行っている10社に絞ったということでした。マニアにもこの点を指摘した人はいましたが、それで正しかったことになります。

また、マニアからの疑問の中には、なぜ発売がJR九州からだけなのか?というものがありましたが、その疑問につきましては、短期間で各社にきっぷの調整までお願いすることはできなかったし,同じきっぷでありながら多種多様なものが出回ると,お客様も係員も混乱するだろうと考えたからだ。ということで、多くの事業者に跨った企画乗車券を出すことには様々な詰めなければならない部分があることに気づかされました。

企画書を持って行っての交渉

企画書を作って各社を回ったときには必ず鉄道で行ったということですが、各社の反応は予想以上によかった。当社の趣旨には快くご賛同いただいた。ということで、マニアの間ではよくこれだけの会社と協力してやれたなあと思われ、特にライバル関係にある会社に難色を示されたりしなかったのだろうか?などと言われていましたが、特にそのようなことはなかったようです。また、各社からの意見や提案の中にはその日の最初のご利用が当社のワンマン列車だった場合,(スタンプを持っていない)運転士には券面にどのような証明をさせればよいのか?というなるほどなあと思わせるものもありました。このように多くの意見や指摘を受け、1回目の訪問後いろいろなことを詰めて説明して回ったということです。

お金の配分

さて、マニアの間でも、この切符の売上の配分をどうやっているのかというのは興味のあるところでありますが、『青春18きっぷ』のように,お客様に行程を記していただいたアンケートの結果を基に配分する方法も考えたが,十分なサンプルは期待できない。ということで18切符とは別のやり方にしたという。マニアの視点からは、この18きっぷの配分についてもあまり知られておらず貴重な情報であります。さて、実際に配分はというと、

配分額については,輸送量や収入の規模など客観的な指標を用いてメリハリをつけようとすると,どうしてもうまくいかなかった。詳細は紹介できないが,「すべての会社に参加していただくためには,これしかない!」という案を提示させていただいたところ,意外にすんなりとご了解いただき,杞憂に終わった感があった。

とあり、具体的なことは一切わからない書き方になっていました。マニアの視点からもこの部分が一番の問題だとは思われていましたが、すんなりと受け入れてもらえた配分とはどのようなものであったのでしょうか? あれこれと考えてしまうところであります。個人的には、11等分したのではないかと思えてしまいます。

終わりに

何かの文献を紹介する時は内容を書きすぎてはいけないですけれども、業界誌のような一般のマニアが入手しにくい情報を紹介するという面もありますし、多少内容を書きすぎているところはありまして、要点はほとんど書いてしまったようなところがありますが、いかがでしたか? マニアの間では様々な憶測が流れた切符で、何処からか各社にこのような切符を作るように働きかけがあったという憶測がネットでマニアの間で流れまくっていた時期もありましたが、どうもそのようなことはなかったようです。変な間違った情報が流れているのを知らん振りしているというのについては、多くの人は自分や自分の会社がそうであれば訂正の情報を流したいかもしれませんが、特にそのようなことをしていないのは情報保全という意味ではしっかりした対応だなあととも思いました。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

TOMIXのチキ2両に跨ってプラ製のレールを積載してみた

実車では2両に跨る形で25mのレールを輸送しているので、模型でやってみたら面白いだろうと思ってやってみた。作ったのは2年前の大学祭の前で、ずっとブログにUPしないままになっていましたが、その写真と動画です。

実車では、溶接して長くしたロングレールの場合はカーブで貨車といっしょに曲がるようにしてありますが、25mのレールの場合は曲がらないようになっています。実物では2両の貨車のそれぞれの中央部を中心に回転して、カーブでも曲がらないようになっているのですが、模型の急なカーブではそのような仕組みは無理ですので、プラスチック製のI断面の棒を曲げるようにしました。


上から見たところ。レール部分をつやありの茶色に塗ってしまったのでてかてか光ってしまっている。レールの長さは25mをきっかり150分の1にはしていない。連結面間隔が実車より広いので、レール両端の位置が事物と同じくらいの位置に来るようにしている。


ホームに立つ人よりちょっと高いくらいの視点から。車体両側にささっている棒は、地域によってあったりなかったりするそうだが、模型ではレールがはみ出さないために付けている。


レール方向から。使ったI断面のプラ材は「ジェマ」のグレーの硬い方のやつです。行きつけの模型店でたまたま見つけて買って作ったのですが、後で調べたら、ジェマは軟らかい素材のも作っていたのでそちらの方がこの用途には向いていると思います。


レールを固定している側です。画像をクリックして拡大すると、透明の接着剤が見えると思います。レールを固定する器具の部分やレールの下の黄色い支えの棒は、レールと同じ素材を使いました。


こちらは固定していない側です。実車では固定していない側は上から抑える部分がなく、レールの上は開放状態ですが、模型では上が開いているとカーブでレールが外れたりするのでこのようにしました。こっちはちょっと歪んで接着したかたちにになってます。


KATOカプラー派ですが、中間部はTNカプラーを使用しています。ブック型車両ケースに収納する時も連結したままになります。


カーブではこのように曲がります。脱線しないようにするには、この素材の場合は3本が限界のようでした。


反対方向にも曲げたところ。R282のS字カーブでも問題なく走行しました。


裏面にはオモリを入れています。釣具屋で買ってきた板鉛を折り曲げて挟んだりして接着しました。こうしないとカーブで台車の上の車体が大きく外側に傾いたりしてしまいます。

最後に、KATOのR282のS字カーブを走行する動画です。撮影はかなり下手ですが、走りはスムーズです。

関連記事

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

«  | HOME |  »

入標開通(サイト本館)

最近の記事

カテゴリー

ユーザータグ

工事 博多駅の新幹線に関する工事 九州新幹線 信号保安 模型加工 ATS ダイヤ予想 カプラー(模型) PC レール関係(模型) バス 模型紹介 模型整備 文献紹介 Web 電気関係(模型) ホーム延長 車両(模型) 折尾駅高架化工事 福間駅待避線延長工事 改軌(模型) Linux 軌道 kubuntu ubuntu ダイヤ改正 ダイヤ 予想 西鉄 Windows 鉄道模型 Nn3-1/2 動画 転配属予想 Njゲージ Nゲージ 

全ての記事を一覧表示する

全の記事を一覧表示する

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

月別アーカイブ

お勧めの本

新・停車場線路配線ハンドブック

停車場の線路配線を設計する人向けの本です。設計に必要な知識が一通り書いてあるようです。旅客駅だけでなく貨物駅、車両基地、新幹線、新在直通の設計法や配線変更工事のことも書いてあります。JRの線路の諸元一覧や一部民鉄の線路構造規定一覧もあります。

信号保安・鉄道通信入門

国鉄・JRの信号保安・鉄道通信について一通り書いてあるようです。業界の人向けの広告も掲載されています。

プロとして恥ずかしくないWEBデザインの大原則

公式集にあたるHTMLやCSSの辞典だけではわからない、応用・発展的なことが充実しています。HTEMLやCSSの基礎ができているという前提で、サイト作成に必要なことが一通り書いてあるようです。目的や構造にあったサイト構成や、サイトに合った擬似フレームレイアウトの分割方法などの解説があります。

詳解HTML&XHTML&CSS辞典


HTMLやCSSの公式集です。ブラウザの対応一覧が充実していて、Internet ExplorerとNetScapeだけでなくFirefoxやOpera、Safari、IE-macなどの対応も書いてあります。

鉄路25号


鉄路25号

特集:西鉄宮地岳線(貝塚線)

発行所:九州大学鉄道研究同好会

発売中

サークルで作っている会誌です。特集は西鉄宮地岳線(現貝塚線)です。

プロフィール

北原東口(キタバルヒガシグチ)

Author:北原東口(キタバルヒガシグチ)

リンク - ブログと日記

個人的なお気に入り

個人的繋がりのあるやつ

ブログランキング

このブログをリンクに追加する

人気記事(月間/合計)

ランダム表示(ブログ以外含む)

リンク元