FC2ブログ

大学鉄研向け学祭用接客マニュアル(?)― 展示編

大学での鉄道研究会での実体験を元にした、大学祭用の接客を中心とした事柄を簡単にまとめてみます。今回は展示に関して、以下の5点です。

  • 壁展示…一般人にどん引きされない展示
  • 年齢・性別別の受ける車両(地元の車両が一番)
  • 体験運転…暴走防止と声かけ
  • オーラむんむんの部屋にしないために
  • 塗り絵のコーナー

壁展示…一般人にどん引きされない展示

まず、行き先表示幕の類、これを壁一面に貼るのは、一般の方にはどん引きです。窓や入口から中を見ただけで、どん引きして通り過ぎて行かれてしまいます(特に女性の方)。

もし行き先表示幕を展示したいのでしたら、1コマずつ表示できるような器具をDIYで作るなどして展示するとよいでしょう。同じく、昔の列車の行先表示板(サボ)の類を壁や窓に大量に貼るのも避けた方がいいでしょう。

では一般の方が引かない壁展示はどのようなものがあるでしょうか? それは写真です。壁一面の写真というのは、どん引きされるということあまりありません。

また、何か一般の方にも理解していただける研究発表もいいでしょう。例えば、水害で被災した高千穂鉄道の状況を写真と文章で発表した年は、じっくり見ていかれるお客様も多くいらっしゃいました。

年齢・性別別の受ける車両(地元の車両が一番)

当然、地元の車両が受けがいいに決まっています。会場に来るのは近隣のちびっ子と、学生です。なので、自分の大学に入学して来る人が、どの地域からが多いか? という点をおさえます。私のいた大学は九州大学でしたから、当然九州各地から来た学生が多いです。九州各地の車両を準備しておくと、通学等で乗っていた車両を見て、「あっ、これに乗ってた!」と注目していただけることも多くなります。帰省に使うであろう特急列車等もあるといいでしょう。

では、一般論として、どのような層にどのような車両が人気かをお話しします(2点しかありませんが)。まず、子供はとにかく新幹線が大好きです。新幹線はしっかり準備しておきましょう。

そして女性の場合、Bトレイン・ショーティーサイズ(以下)の1両のものを見て、「かわいい」と反応する方が結構いらっしゃいます(もちろん無反応の方も多いのですが)。そして、2両繋がっていてはだめですし、連接車もだめです。キハ120等第3セクターサイズの車両もだめです。長さを短く作ったBトレの路面電車や、実物なら南部縦貫のキハ02サイズくらいまでです。(例えば地元九州の車両では、鹿児島市電のユートラムのペーパークラフトなどはサイズオーバーになります。) 色はなるべくカラフルなのを準備しましょう。(間違っても、黒や茶色の2軸貨車なんかを並べないように。)

(それと、ヨーロッパの車両なんかも少し準備しているといいかもしれません。例えば、TGVの2階建ての赤いやつとか、曲線のデザインと赤い色というのに反応する方も、極稀にいらっしゃいます。例えばガンダムのデザインが男受けがいいのに対して、女性はエバとかの様なデザインの方が受けがいいと言われるようです。ガンダムもエバも詳しくはないですが、言わんとすることは何となくわかっていただけると思います。この様なことを念頭にヨーロッパの車両を少し並べてみるのもいいかもしれません。ただ、これはもし持っているならばの話で、わざわざ買い揃えるのはやめた方がいいでしょう。(稀にいらっしゃるだけです。買っても全部外れになるくらいに思っておく方がいいと思います。))

車両について、特に客層別で際だった点は、この2点でした。

体験運転…暴走防止と声かけ

そもそも、鉄道模型の適切な走行速度を知っているのは、自分達だけです。お客様は、大人・子供に関係なく、どのくらいの速さで走らせればいいか自体を知らないのです。「あまりとばしすぎないでください。」とか、「あまりスピードを出しすぎないでください。」などと言われても、基準自体がわからないのです。

ではどうすればいいか? それは簡単です。コントローラーの目盛りを指さして、「スピードはここまででお願いします。」 こう一言説明するだけでいいのです。お客様には基準がはっきりわかります。つまみをその位置まで動かして、「ふーん、こんくらいで走らせるのか。」と、わかっていただけるのです。

基準をはっきり示すというのは、お子様達にも大変有効な方法です。お子様たちは普通、言われたことはまもってくれます。

私のいた鉄研は、基本的にコントローラーはお客様に触っていただくという、公開運転会としてはかなり珍しい方式をとっていましたが、このように説明するようになってからは、暴走されることは基本的になくなりました。(なお、自分で制作・改造した車両や、繊細でデリケートなSLなどは、会員が内側から操作する線路で走らせていました。)

またTOMIXのN1コントローラーは目盛りがわかりにくい形状なので、体験運転用には避けた方がよいでしょう。

それから体験運転には、呼び込みと同じように声かけする部分もあります。コントローラーと椅子があるところを腕で指しながら、「ちょっと運転どうですか?」とか、「運転されてみませんか?」といった感じです。

椅子に座ってもらって、「このつまみを回すと、(目の前の車両を指して)、この車両が動きます。」ってことを説明します。動いてる車両の場合は、「このつまみを回すと今走ってるあの車両が、… 今こう、スピードが落ちたでしょ。」といった感じでこちらでつまみを回して説明する方法もあります。

また、声をかけるタイミングなどは、段々と掴んでいけるでしょう。お客様の様子をよく見ることが重要ですが、凝視とかにはならないようにしましょう。様子を窺うと表現するとわかりやすいでしょうか。

また、ちびっ子たちが順番待ちになっているような状況では、頃合を見計らって、「それじゃあ、あと1周したら、駅にぴったり止めて、交代しようね。」といった感じで交代していってもらいます。勿論、ホームはコントローラーの目の前にってのが大原則です。

体験運転についてはこんな感じでしょうか。

オーラむんむんの部屋にしないために

まず、他の観点を含めた上で、不味い例を挙げながら説明を始めます。せっかく作った会誌を、入口から入って真正面の机に並べているのに、その前にOBを中心に何人もいて、ずーっとお喋りに夢中とか、売り上げの面からも避けたい状況ですが、人によっては雰囲気の面からも大変不味い状況になり得ます。OBとのお喋り用のスペースを展示物の内側に(お客様の入ってこない場所に)準備することも、重要な事項です。実際に、売り上げが段違いで落ちます。(あまりはっきりとは言いたくはありませんが、例えば、その日の午後だけOB以外の)売り上げゼロってこともあります。)

人にもよりますが、マニアがお喋りに夢中になってる様子が、一般の方からどう見えるかくらい、わかっていることでしょう。そして、これは単なるちょっと困ったさんのOB対策ってだけではありません。お話好きのマニアのお客様だっていらっしゃいます。なので、お話に興味を示しつつ、邪魔にならない場所に誘導しましょう。話が盛り上がってきたら、「ええ、ええ。ちょっと向こうでじっくり話しましょう。」などと奥に案内するのも手です。会場配置でも予め、このようなことを考えておくことは重要です。(なお、OBが相手の場合では、「ここは売り場の前ですので、」と、理由はを言った方がいい場合もあるでしょう。こういうのは年代の近い上のOBから下OBに言うよりも、現役生が言う方が楽な場合もあります。話は変わりますが、表現も悪いですが、年代の大きく離れた重鎮のOBを上手に利用するってのも、大事なことです。

さて、私のいた鉄研では、ちびっ子や一般の方にも楽しんでもらえるように、という方針でしたから、異様な雰囲気の部屋にはならないように、というのも大事な事項でした。過去に行った対策としては、古い鉄道雑誌類の展示・閲覧コーナーを止める、というのもありました。早い話、マニア以外の人が寄り付かないコーナーはなくそうって話です。

また壁面等の展示物は、ちびっ子たちが模型に夢中になっている間に、大人(親)に見てもらうという視点があるといいでしょう。それから、切符や駅配布時刻表や磁気カード等のコレクションは、ファイルに綺麗に整理して、ファイルごと展示する方法があります。整理しているファイルを見て、「ほんと好きなんやねえ。」など と言ってくださる方もいらっしゃいます。また机の上に展示の場合では、上に透明のテーブルクロスを被せる方法もあります。

塗り絵のコーナー

最後に、小さな女の子にも楽しんでもらえる塗り絵のコーナーを紹介しておわりにします。勿論ただの単なる塗り絵でも充分なのですが、私のいた鉄研では、簡易なペーパークラフトの塗り絵のコーナーをしていました。もちろん机も椅子も色鉛筆も用意します(糊と鉛筆削りも忘れずに)。

小さな子が見て、「これは電車だ!」とわかることが重要です。実車に忠実に作る必要はなく、デフォルメや省略しても構いません。わざと先頭車にパンタグラフを付けるくらいがちょうどいいみたいです。多分、車体のグリルやドアコックの蓋とかは描かないでいいと思います。

色を塗ってもらって「完成」したら、会員が折って糊代に糊を塗って、単なる箱形に作ってあげるってので充分です。折り方を工夫して、先頭がとがった車両もやってました。また、余白の部分は全部切り取らずに、山折りで内側に折り込むかたちに工夫すると、普通のコピー用紙でも強度は大丈夫なようです。それから、種類はあまり多過ぎない方がいいかもしれません。実際にやっていたのは、783系と415系とバスの3種類だったはずです。

例えば、上の子が模型に夢中になっている間に、下の子に塗り絵をしてもらうとか、小さなお子様たちにも楽しんでもらえますよ。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

大学鉄研向け学祭用接客マニュアル(?)― 呼び込み編

大学での鉄道研究会での実体験を元にした、大学祭用の接客を中心とした事柄を簡単にまとめてみす。

今回はお客様の呼び込みについてです。会場の入口で通る人に声かけする方法です。前半は、「こういうことをすると、逃げて行かれるだけですよ。」という話です。後半は、視線を使った方法を中心に、私が行っていた方法を紹介していきます。

例えば音楽サークルのジャズ喫茶といった場合は、「ジャズ喫茶やってます。」とか「ジャズ喫茶どうですか?」のように、喋って歩いている人に声をかけても、立ち止まってくださる方もいるでしょう。でも普通の大学生に、「電車どうですか?」とか、「模型やってます。」なんて言っても、笑われるだけでしょう。

例えば、寄ってらっしゃい見てらっしゃいと注目を集めたところで、何か目にとまるような魅力的な何かがあるわけでもありません。家族連の小さい子には、「電車があるよー」とかでもいいですが、万人受けする魅力のある文句もありません。なので、「どうぞ、入って行かれてはどうですか?」のように声をかけることになりま す。

となると、普通に会話している人に声をかけると、単にお喋りの邪魔をするかたちになります。入って来て下さることはまずありませんでした。お互いに嫌な思いをするだけです。しないのが一番です。

声をかけていいのは、喋らずに歩いてくる人です。腕で入口を指しながら、「どうぞ、入って行かれてはどうですか?」などと声かけをします。また、無視して通り過ぎて行った人を呼び止めるのも、いいことではありません。

なお、どこに入ろうかなあって感じで喋っている人には、「どうぞ。 見て行かれてください。」と言って顔を上げてもらえなければ、何もしない方がいいでしょう。

一旦声をかけた後に入るかどうか迷っている人に、すぐに声をかけるのも待ってください。「迷い始める」という行動をした途端、「声をかけられる」という邪魔が入るかたちになります。こうすると、逃げて行かれることの方が多いです。迷っている様子を見て、頃合いを見はからって、「ちょっとだけでもどうですか?」などと 声をかけると、入っていただけることが多いです。

このような迷っている方とどう接するかという部分が、一番難しいところだと思います。臨機応変にどう接するかになりますが、なれてくれば、そこまでは難しくないと思います。(全員が全員入っていただけるわけではありませんから、そういう点では気持ちを楽に持つといいでしょう。)

また、外の窓から会場内が見える場合、窓から中を見ているお客様に声をかけるのも、邪魔する行為になります(まず間違いなく逃げて行かれます)。

窓から中を見ていて、何か疑問に思って、ああじゃないかとか、こうじゃないかとかと言い始めたら、こっちのものです。頃合いを見はからって、「どうですか?」と声をかけると、色々質問してこられますので、対応します。そうしていると入って来ていただける場合が多いです。このかたちで女子学生の集団が入って来ることも 、ちょくちょくあります。一人が「入る」ってなると、みんなで入っていただけることになりますから。(これは会場の雰囲気による部分も大きいと思います。普通は「うわー」とか「きもー」とか言って窓から見られます。コントローラーを操作して夢中になっている子供を見るところが、興味を持っていただける糸口のようです。)

なお、外で話が終わって、それで帰って行こうとするお客様を引きとめるのもよくありません。もうそれで充分満足していただけたのですから、「ありがとうございます。」と、お礼を言うようにしましょう。

これは、しばらく見ただけで帰って行かれる方の場合も同じです。この方は呼び入れるのは無理だなあ、という方にも、「ありがとうございます。」と言う方が好感を持っていただけます。

繰り返しになる部分もありますが、相手の立場に立って、相手が嫌だと思うことをしないことに尽きます。入ってくれない人はそもそも入ってはくれません。入っていただけるお客様を増やすなら、入っていただける可能性のある方を、逃がさないことに尽きます。それができれば、相手に嫌な思いをされることは少なくなりますし 、それは自分にとっても、嫌な思いをすることを減らすことにもなります。

あとは基本的なことですが、相手の顔を見て、にこやかに対応しましょう。これも重要なポイントです。顔も合わせずに声をかけてくる人に、応じる人はまずいません。それから、呼び込みは、「一対一でのやりとりの組み合わせ」ということも、重要なポイントです。

さて、ここまでは禁止事項といった感じですが、ここからはテクニック的な話になります。なお、3、4年前に実践していたことを思い出しながら書いていますので、細かい部分については、一番よかった方法とは違っているかもしれません。当時色々試していた方法のいくつかを紹介するかたちです。細かい部分は人それぞれに自分 に合った方法を見つける部分もあります。なので1つの方法論と思って読んでいただけたらと思います。

教室の側面(通路側)が窓になっていて、出入口が教室の前だけにある場合、教室の後から前に向かって来る人を呼び入れる方が成功率が高いです。

例えば歩いて来る人と目が合ったら、「どうぞ。」と言いながら手を教室側に招くようにしながら、窓の中を見ます。こうすると窓の中を見ていただけることが多く、無理に引き止めてにはなりにくいです。なお、窓の中を見るときは顔を窓の方に向けますが、顔の傾け方は、少し教室側に傾ける方法と、少し教室と反対側に傾ける 方法があります。

例えば複数で歩いて来る人達の場合では、誰か一人と目が合ったら、「どうぞ。」と言って、他の人がすぐにこちらを見た場合は、その人達にも目を合わせてから、手を招くように動かしながら視線を窓の中に移します。そして視線を一旦前に戻して、こちらを見ている人達がいたら、その人達にも目を合わせてから、もう片方の手 を招くように動かしながらまた中を見ます。

また、目が合うことなく近づいてきた場合では、こちらから「どうぞ」と声をかけます。慣れてきたら、この場所まできたら声をける、というのが自分の中で決まってくるでしょう。

なお、1人で歩いて来る人にこちらから声をかけて顔を向けていただいた場合は、「見て行かれて」の辺りでその人を見て、「ください。」の辺りで窓の中を見る感じでしょうか。また複数の場合は教室側から目を合わせていき、最後の人と目が合うと同時に、「見て行かれてください。」と言いながら中を見る感じでしょうか。

それから人数が少ない場合では、視線を窓に移す時に、はじめてこちらを向いている(まだ目を合わせていない)人がいましたら、その人にも一瞬目を合わせながら中を見るとよいでしょう。また2人かそれ以上の場合は、一度に全員とではなく、始から2回以上に分ける方法があります。(どちらがよかったかや使い分けについては 、よく覚えておりません。)

また、逆方向(教室の前側)から来られる場合や、教室横の通路が混雑している場合は、ドアのすぐ近くで声をかけることもあります。

通路の教室に近い側を歩いている人には、「どうぞ。」と言って目が合ったら、教室側の手でドアを指しながら、視線と顔を動かして、ドアの中を見る感じです。通路のある程度教室から離れた側の人には、「どうぞ」と言って、教室と反対側の手でドアを指してから、教室側の手と顔を動かした方が見てもらいやすいです。(これ は教室の後側から来る人の場合も同じです。)

視線を中に移す時は、目の前の立ち止まっている人の場合は、いかにも中に何か楽しいものや面白いものがあるんですよ?っと言った感じにする場合もありますが、やりすぎも禁物ですし、離れた人の場合は、ただ視線を移すだけでも充分なことが多いです。なので不自然になったりぎこちなくなったりするくらいなら、普通でいる 方がいいでしょう。

なお、目の前の立ち止まった人の場合では、目だけ動かす方法や、顔は向きを変えずに傾きだけを変える方法もあります。また、中を見る時の視線は、ちょっと上を見る方法も、ちょっと下を見る方法もあります。目を中に向ける時に頭を目と逆方向にちょっとだけ傾けるといった方法もあります。

この辺りは特にどれがいいのかと言われても、説明のしようがないですし、自分でこつを掴むまでは、運まかせみたいなものでしょうし、自分に合った方法を見つけるという部分もあるでしょう。自分の行動が相手から見てどう見えるか、頭の中でイメージするといいかもしれませんし、人に見てもらうのが一番いいかもしれません 。

さて、今度は、ドアのところから中をじーっと見ている人の場合です。何かが目にとまったのがわかったら(何かに興味を持たれた顔になったら)、しばらく待って、もうちょっとで入りそうな感じの人には、相手の近くに行ってから手で中を指しながら、「どうぞ」と言うだけで入っていただけることも多いです。入って行かれな い場合や、相手の様子によっては、「どうですか?」などと会話に持ち込みましょう。

ドアから中を見ている人との会話の場合は、その人が見ているものを話題にしましょう。はじめから見ているものがわかっている場合では、「会で冊子を作っているんですよ。」とか、反応に合わせて、「見本もありますよ。ま、見るだけでもどうですか?」とか、その後の様子によっては、「別に買わなくていいですから。」、「 見るだけでもー」と続く感じでしょうか。壁の写真を見ている人には、「写真どうですか?」とか、反応に合わせて、「いろんなのがありますよねえ。」といった場合もあります。模型を見ている人には、「あれ、定価だと全部で百万くらいするんですよ? 多分そんくらい行きますよ。」ってな感じでしょうか。

会話の内容は、一般の方に合わせることが重要です。相手が「えっ?そうなの?」と思うようなことを話して惹きつけるのもありでしょう。また、矢継ぎ早に話すのではなく、相手が「そうなんですか。」とか、喋ってもらえる(反応を見ることができる)ペースで話しましょう。そして、相手が喋りだしたら、聞き役にまわりまし ょう。それから、「それじゃあ○○ですか?」といった感じで、相手が思っていそうなことを言って当たったら、会話が弾むこともあります。

また、会話を楽しんでめらえてるってのは、自分達の展示企画を楽しんでもらえてるって思うといいでしょう。(中に入ってもらうことに、あまりこだわり過ぎない方がいいでしょう。)

さて、話を戻して、中を見ながら迷っている人の様子によっては、「ちょっとー、電車ってあれですか?」といった感じで声をかける方がいいです。その方が会話に持ち込みやすいです。(そして、「やっぱり…」よりは、「ちょっと…」とかの方がいいでしょう。)

また内容によっては、相手に合わせて、「それはそうですよねえ。」って同意することも重要です。状況によって、「やっぱり」とか「確かに」を使った方がいい場合もありますが、「それはそうですよね。」と全面同意した方がいい場合もあります。「ええ、そうですね。」といった感じがいい場合もあるでしょう。自分らがはた から見たらどうなのかなど、少々開き直れてないといけない部分もあるでしょう。

それから話し方は、自然体が一番です。流暢に話すのはおすすめできません。(人によっては、自分の世界に入ってただひとりで喋っているだけのように見えることもありますし、話を最後まで聞いてもらえることは少ないでしょう。もっとはっきり言ってしまえば、流暢に喋り続けるのは、会話とは別の行為でしょう。) 相手と の言葉のやりとりですから、流暢に話すのよりは、仮にちょっとぶっきらぼうな対応になったとしても、普通に対応する方がいいでしょう。

なお、会話をする時は、その間中ずっと相手の目や顔を見続けるわけではありません。横に並んでや、斜めのことも多かったと思います。教室側を少し向いて、相手や話に合わせながら、時々視線を相手の目や教室の中に向けるような感じだったと思います。

例えば緊張して話すのが苦手という人は、上手に喋ろうとするよりは、相手に対して丁寧に対応することを目標にするのもいいかもしれません。

さて、会場を外から見たときに、ドアから中を見ていただくより、窓から中を見ていただく方が、中がよく見える場合もあります。このような場合には、教室前方から来る人に、あえて入口を過ぎた窓のところで声をかける方法もあります。入っていただける方には、「入口はあちらです。」と、ちょっと戻っていただくことになり ますが、ドアの前よりはやりやすくなります。

細かいことを色々書きましたが、もし目を合わせるだけで避けられることばかりという人は、細かいテクニックとかそんなことよりも、笑顔の方が重要でしょう。何か落ち込んでいる時はしないという選択肢もあります。(というより、しない方が精神衛生上いいでしょう。私自身、鏡を見たらげっそりという時期には呼び込み自体をしていませんでしたし。)

また、もし自分が向いてないと思うなら、無理して続ける必要もないでしょう。一旦休憩してリフレッシュしましょう。それに視線を使う方法を使っている人は、私以外にはいないようでした。普通にすればそれで充分です。ここでは充分以上のことを紹介したわけですから。

また、会場の配置だって色々ありますし、自分のしていたことを全て書いているわけでもありません。あとは各自で色々試しながら、自分や場所に合ったいい方法を見つけてください。呼び込みについてはこんな感じでしょうか。

関連記事

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

携帯から投稿テスト

これって、携帯から記事投稿するアドレスで合ってるんだっけ?
タグ使えないとお話にならないんだけど、どうでしょう?

段落分けはちゃんとできるでしょうか? できないと困るどころではない。

<h3>さて、見出しは出るでしょうか?</h3> <ul> <li>リスト1</li> <li>リスト2</li> </ul>
関連記事

«  | HOME |  »

入標開通(サイト本館)

最近の記事

カテゴリー

ユーザータグ

工事 博多駅の新幹線に関する工事 九州新幹線 信号保安 模型加工 ATS ダイヤ予想 カプラー(模型) PC レール関係(模型) バス 模型紹介 模型整備 文献紹介 Web 電気関係(模型) ホーム延長 車両(模型) 折尾駅高架化工事 福間駅待避線延長工事 改軌(模型) Linux 軌道 kubuntu ubuntu ダイヤ改正 ダイヤ 予想 西鉄 Windows 鉄道模型 Nn3-1/2 動画 転配属予想 Njゲージ Nゲージ 

全ての記事を一覧表示する

全の記事を一覧表示する

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

月別アーカイブ

お勧めの本

新・停車場線路配線ハンドブック

停車場の線路配線を設計する人向けの本です。設計に必要な知識が一通り書いてあるようです。旅客駅だけでなく貨物駅、車両基地、新幹線、新在直通の設計法や配線変更工事のことも書いてあります。JRの線路の諸元一覧や一部民鉄の線路構造規定一覧もあります。

信号保安・鉄道通信入門

国鉄・JRの信号保安・鉄道通信について一通り書いてあるようです。業界の人向けの広告も掲載されています。

プロとして恥ずかしくないWEBデザインの大原則

公式集にあたるHTMLやCSSの辞典だけではわからない、応用・発展的なことが充実しています。HTEMLやCSSの基礎ができているという前提で、サイト作成に必要なことが一通り書いてあるようです。目的や構造にあったサイト構成や、サイトに合った擬似フレームレイアウトの分割方法などの解説があります。

詳解HTML&XHTML&CSS辞典


HTMLやCSSの公式集です。ブラウザの対応一覧が充実していて、Internet ExplorerとNetScapeだけでなくFirefoxやOpera、Safari、IE-macなどの対応も書いてあります。

鉄路25号


鉄路25号

特集:西鉄宮地岳線(貝塚線)

発行所:九州大学鉄道研究同好会

発売中

サークルで作っている会誌です。特集は西鉄宮地岳線(現貝塚線)です。

プロフィール

北原東口(キタバルヒガシグチ)

Author:北原東口(キタバルヒガシグチ)

リンク - ブログと日記

個人的なお気に入り

個人的繋がりのあるやつ

ブログランキング

このブログをリンクに追加する

人気記事(月間/合計)

ランダム表示(ブログ以外含む)

リンク元