FC2ブログ

KATOの2軸動力にナックルカプラーを取り付ける

BトレインショーティーのEF81に入れた、KATOの2軸の動力ユニットにKATOのかもめナックルカプラーを取り付けました。カプラーポケットにはTOMIXの台車から切り落としたカプラーポケットを使いました。


TOMIXの台車から切り落としたカプラーポケットです。カプラーポケットには複数の形状があるようですが、写真中央のものを使いました。カプラーが首を振るよう、写真手前側を切って広げました。また、カプラーポケット内部も出っ張りを切り落としておきます。


ナックルカプラーの穴には太さが合う棒を入れればいいですが、今回はかもめナックルカプラーに付属のパーツから切り出して使いました。


カプラーポケットに取り付けた状態です。穴の部分に棒が入っています。


カバーを取り付けた状態です。穴の部分は蓋に隠れて棒が抜けない状態です。なお、そのままでは干渉する部分があるため、上面の左右奥は面取りしています。


裏側も棒が抜け落ちることはなく大丈夫です。


KATOの2軸の動力ユニットの裏面です。左側に今回のカプラーポケットを接着します。


合成ゴム系のGクリヤーで接着したところです。写真では水平面に対して平行に取り付けていますが、若干カプラーの先が上を向くよう斜めに取り付けたほうがいいでしょう。


クリックで拡大

KATOの小型車両用台車をつけたBトレのコキと連結。


クリックで拡大

EF81に取り付けた今回のカプラーは水平に取り付けるとカプラーが若干下がって斜めになりコキと少し高さが異なりますが、実用上問題はないでしょう。

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

TOMIXのリレーラーをホーム部分で使えるように改造

模型をレールに乗せる時、特にホームもなく隣に並んでいる車両もない場合は、手で台車を摘んで簡単に載せることができます。しかしホームがあると手を使ってのせるのは大変です。そこでリレーラーを使おうとすると、幅が広くてそのまま置けなかったりします。

KATOのリレーラーはKATOのホームがあっても置けますが、TOMIXのレールだと軌間がわずかに異なるためにうまくはまらない問題があり、TOMIXのリレーラーは幅が広くてどちらのホームにも使えませんでした。そこで、写真のようにTOMIXのリレーラーを切ってしまいました。

切断は、レザーソーを使ってただ単に切るだけです。車両の切り継ぎではないので、精度はそんなに気にすることはありません。現物合わせでホームに当たらないように切ってしまいます。切断する時に真っ直ぐならなかったら、ヤスリでゴリゴリ削れば大丈夫です。

切ったあとは、車輪が端から落ちないように薄いプラ板を貼り付ければOKです。プラ板が上にちょっとだけ飛び出るようにします。上端が真っ直ぐになっていればいいので、下端が真っ直ぐではない切れ端で十分です。車両と違ってレールやリレーラーは、箱の中に放り込んだり、ごちゃごちゃに入った箱のまま車のトランクに載せたりしますから、プラ用接着剤ではなく合成ゴム系のGクリヤーで接着しました。

運転会をやっていてリレーラーが欲しいって時は、たいていの場合は手が入らなくて別の場所で復旧するかリレーラーじゃないとだめだって場合です。そんなわけで実際の運転会では、ホーム部分で新幹線が脱線した時などに重宝しています。

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

TOMIXの2軸SCカプラーポケットにCSナックルカプラーを付ける

従来のTOMIX2軸貨車には、特に加工することなくKATOカプラーNを取り付けることができましたが、ミニカーブレールに対応した現行のSCカプラーのポケットには取り付けできませんでした。貨車のカプラーをカトーカプラーやナックルカプラー、SHINKYOカプラーに統一していたため加工に難儀していましたが、Assyで手に入れたCSナックルカプラーは比較的楽な加工で取り付けができました。

カプラーポケットの加工

バネが入る部分を作るため、カプラーポケットの後ろ側を切って開いた部分にGクリヤーでプラ板を貼り付けて塞ぎました。画質が悪いので後の写真を見た方がわかりやすいかもしれません。

カプラーの加工

SCカプラーポケットには棒状の突起があり、CSカプラーの穴より太いので穴を広げます。SCカプラーポケットの突起の直径が約1.3mmなので、CSカプラーの写真右上のパーツは穴を1.4mmに広げました。またCSカプラーの写真左下のパーツの穴は、右上のパーツより元々大きいので1.5mmに広げました。

またSCカプラーポケットの棒状の突起の後ろ側にも突起があるため、それを避ける形でCSカプラーの写真右上のパーツを写真のように加工します。突起と接する上面の部分を削ります。厚みの半分以上を削ります。カプラーポケットに取り付けたときに、金属カバーとの間にわずかに隙間ができて自由に首振りができるところまで削れば大丈夫です。なお、削るパーツの上面のこの部分を完全に切り落とした場合は、首の振りが悪くなります。

カプラーの取り付け

写真のように取り付けます。金属カバーをつけたときにカプラー底面がぎちぎちにならないか確認します。軽く首を振らせてバネの長さを調整してください。

スプリングを切断した場合は切り口の部分の変形の関係でカプラーが斜めに向く場合がありますが、切断した側をポケット側にして、切ってない方をカプラーの尻に当てた方がいいようです。首が真っ直ぐ向くようにスプリングを回転させて調整するには、写真のようにカプラーポケットを閉じてから尖った工具か何かで開いている部分を回すほうが楽です。

連結状況

KATOカプラーNのKATO台車との連結です。高さは問題ないようです。

連結面間隔の比較

[写真をクリックで拡大]

左が今回加工したTOMIXのワム8000で、右がKATOのワム8000を通常通りKATOカプラーに交換したものです。KATO車をKATOカプラー化したものよりすこしだけ広くなっています。

[写真をクリックで拡大]

今度は、従来のTOMIXのワム8000に無加工でKATOカプラーNを取り付けた車両との連結です。従来のカプラーポケットにカトーカプラーをつけるよりは連結面間隔が狭くなっています。

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

TOMIXのチキ2両に跨ってプラ製のレールを積載してみた

実車では2両に跨る形で25mのレールを輸送しているので、模型でやってみたら面白いだろうと思ってやってみた。作ったのは2年前の大学祭の前で、ずっとブログにUPしないままになっていましたが、その写真と動画です。

実車では、溶接して長くしたロングレールの場合はカーブで貨車といっしょに曲がるようにしてありますが、25mのレールの場合は曲がらないようになっています。実物では2両の貨車のそれぞれの中央部を中心に回転して、カーブでも曲がらないようになっているのですが、模型の急なカーブではそのような仕組みは無理ですので、プラスチック製のI断面の棒を曲げるようにしました。


上から見たところ。レール部分をつやありの茶色に塗ってしまったのでてかてか光ってしまっている。レールの長さは25mをきっかり150分の1にはしていない。連結面間隔が実車より広いので、レール両端の位置が事物と同じくらいの位置に来るようにしている。


ホームに立つ人よりちょっと高いくらいの視点から。車体両側にささっている棒は、地域によってあったりなかったりするそうだが、模型ではレールがはみ出さないために付けている。


レール方向から。使ったI断面のプラ材は「ジェマ」のグレーの硬い方のやつです。行きつけの模型店でたまたま見つけて買って作ったのですが、後で調べたら、ジェマは軟らかい素材のも作っていたのでそちらの方がこの用途には向いていると思います。


レールを固定している側です。画像をクリックして拡大すると、透明の接着剤が見えると思います。レールを固定する器具の部分やレールの下の黄色い支えの棒は、レールと同じ素材を使いました。


こちらは固定していない側です。実車では固定していない側は上から抑える部分がなく、レールの上は開放状態ですが、模型では上が開いているとカーブでレールが外れたりするのでこのようにしました。こっちはちょっと歪んで接着したかたちにになってます。


KATOカプラー派ですが、中間部はTNカプラーを使用しています。ブック型車両ケースに収納する時も連結したままになります。


カーブではこのように曲がります。脱線しないようにするには、この素材の場合は3本が限界のようでした。


反対方向にも曲げたところ。R282のS字カーブでも問題なく走行しました。


裏面にはオモリを入れています。釣具屋で買ってきた板鉛を折り曲げて挟んだりして接着しました。こうしないとカーブで台車の上の車体が大きく外側に傾いたりしてしまいます。

最後に、KATOのR282のS字カーブを走行する動画です。撮影はかなり下手ですが、走りはスムーズです。

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

イソプロパノールで車輪クリーニング

レールのメンテナンスに無水エタノールを使う人もいますが、塗装の剥離に使ったりするイソプロパノールでもレールや車輪をクリーニングすることができます。

今回使ったのは模型の塗装剥離に使うのと同じもので、ガソリンタンクの水抜き剤でイソプロピルアルコール99%以上と書かれているものです。そのままの容器では大きくて使いにくいのでKATOのレールクリーナーの容器に入れたところ、ノズル状の栓の部分のプラがやられて縮んで隙間ができて漏れてくるようになりました。問題なく入れておける材質についてはまだわかっていないので自己責任で試してください。

使用前の車輪の状況


1ヶ月前の学祭で走らせて車輪が真っ黒になっていた貨車の車輪を洗浄しました。しっかりこびりついていてKATOやTOMIXのクリーナーでとるのは大変な状態です。

クリーニング後の状況


クリーニング方法は、綿棒にイソプロパノールをつけて軽く擦るだけです。たいして力を入れる必要はありません。驚くほど簡単に汚れが取れてしまいます。はがれる様な感じで取れていきます。左は汚れを取るのに使った綿棒。しっかり黒くなってます。

注意事項

イソプロパノールは塗装をはがして塗り替えるのに使えることからわかるとおり、塗装を侵します。イソプロパノールを含めてアルコールは塗装を侵すので燃料用の無水エタノール・メタノール等を使う場合も同じことが言えます。万一塗料を塗った場所に付いてしまった場合の影響を減らすため、水の入った消毒用アルコールを使う人もいます。

以下は塗装の剥離の場合にも言えることですが、イソプロパノールは発火点が低く常温でも引火する燃えやすい物質なので注意が必要です。静電気で引火することもあるということです。また体によくはないので換気もしっかりとしましょう。

またイソプロパノールはプラを侵すことがあります。ひび割れ・硬化・収縮・変形なども報告されています。自己責任で慎重に行うようにしてください。

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

«  | HOME |  »

入標開通(サイト本館)

最近の記事

カテゴリー

ユーザータグ

工事 博多駅の新幹線に関する工事 九州新幹線 信号保安 模型加工 ATS ダイヤ予想 カプラー(模型) PC レール関係(模型) バス 模型紹介 模型整備 文献紹介 Web 電気関係(模型) ホーム延長 車両(模型) 折尾駅高架化工事 福間駅待避線延長工事 改軌(模型) Linux 軌道 kubuntu ubuntu ダイヤ改正 ダイヤ 予想 西鉄 Windows 鉄道模型 Nn3-1/2 動画 転配属予想 Njゲージ Nゲージ 

全ての記事を一覧表示する

全の記事を一覧表示する

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

月別アーカイブ

お勧めの本

新・停車場線路配線ハンドブック

停車場の線路配線を設計する人向けの本です。設計に必要な知識が一通り書いてあるようです。旅客駅だけでなく貨物駅、車両基地、新幹線、新在直通の設計法や配線変更工事のことも書いてあります。JRの線路の諸元一覧や一部民鉄の線路構造規定一覧もあります。

信号保安・鉄道通信入門

国鉄・JRの信号保安・鉄道通信について一通り書いてあるようです。業界の人向けの広告も掲載されています。

プロとして恥ずかしくないWEBデザインの大原則

公式集にあたるHTMLやCSSの辞典だけではわからない、応用・発展的なことが充実しています。HTEMLやCSSの基礎ができているという前提で、サイト作成に必要なことが一通り書いてあるようです。目的や構造にあったサイト構成や、サイトに合った擬似フレームレイアウトの分割方法などの解説があります。

詳解HTML&XHTML&CSS辞典


HTMLやCSSの公式集です。ブラウザの対応一覧が充実していて、Internet ExplorerとNetScapeだけでなくFirefoxやOpera、Safari、IE-macなどの対応も書いてあります。

鉄路25号


鉄路25号

特集:西鉄宮地岳線(貝塚線)

発行所:九州大学鉄道研究同好会

発売中

サークルで作っている会誌です。特集は西鉄宮地岳線(現貝塚線)です。

プロフィール

北原東口(キタバルヒガシグチ)

Author:北原東口(キタバルヒガシグチ)

リンク - ブログと日記

個人的なお気に入り

個人的繋がりのあるやつ

ブログランキング

このブログをリンクに追加する

人気記事(月間/合計)

ランダム表示(ブログ以外含む)

リンク元